化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~SDGs対応、偽造防止、CRSF、ヒートシール安定性、バリア性、臭い吸着など ~
今までの包装ではグローバル市場で通用しなくなる・・・今後、必須となる包装形態とは?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年10月18日(金)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
                → 会場へのアクセス 

       参 加 費:49,500円(税込、資料付)

講 師

 住本技術士事務所 所長 技術士(経営工学)  住本 充弘 氏

【ご専門】
 軟包装設計、食品包装、医薬品包装、産業部材開発

【ご所属学協会】
 日本包装コンサルタント協会理事・会長
 技術士包装物流会理事

定 員

 30名

趣 旨

 包装の設計思想が2015年のパラダイムシフトによりSDGs対応で変化しつつある。医薬品包装も例外ではなく、SDGs対応の包装が求められる。
 包装の主な課題として、偽造防止及びtrack & trace、CRSF, ヒートシール安定性、バリア性、臭い吸着、interactive包装などについての説明の中で、SDGs対応の仕方を具体的な事例で紹介する。
 従来通りの包装設計では、これから通用しなくなることを理解し具体的なビジネス活動の中で活かせるようにしたい。

プログラム

 1.SDGs対応

 2.包装商品の市場
  2-1 世界の包装市場
  2-2 日本の包装市場

 3.包装の開発動向のトレンド
  3-1 Sustainable Packaging の世界の動き
    ・SDGs対応の包装の考え方
    ・具体的な対応事例
  3-2 ここ数年の世界の包装の開発トレンド
    ・世界が重視している事項
    ・スマホ活用及びinteractive package

 4.偽造防止及びtrack & trace
  4-1 世界の偽造防止包装
  4-2 偽造防止の設計の考え方

 5.チャイルドレジスタント(CRSF)
  5-1 世界のChild Resistant Senior Friendly事例
  5-2 日本における現状と対応の仕方

 6.ヒートシールの安定性
  6-1 ヒートシールとは
  6-2 ヒートシール以外の封緘技術
  6-3 封緘技術の管理法

 7.バリア包装設計
  7-1 防湿包装の考え方
  7-2 酸素バリア性の考え方

 8.臭い対策
   -医薬品から発生する臭いの対策

 9.包装材料への医薬品成分の移行
   -吸着・収着対応

 10.まとめ