化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

高分子材料の基本的な機械特性評価、長期信頼性の評価から破壊強度の測定、破面解析手法(フラクトグラフィー)まで事例を交えて解説します!

R&D支援センターセミナーのご案内

       開催日時:2019年9月25日(水)12:30~16:15
       会  場:豊洲文化センター 8F 第1研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)
            お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

 FAX申込用紙PDF 

定 員

 30名

プログラム

【1部】 プラスチック成形品の構造と力学特性の評価
講 師 兵庫県立大学 工学研究科 准教授 博士(工学) 松田 聡 氏

<ご専門>
 高分子材料強度学

<学協会>
 日本機械学会,日本材料学会,プラスチック成形加工学会,接着学会ほか

《習得できる知識》 ・機械的特性の評価(耐疲労性を含む)
・プラスチックの構造と機械的特性の関係
《主 旨》  プラスチック成形品は、現在の社会ではなくてはならないものとなっており、使用される環境はますます厳しいものになっている。新製品の開発のために、強度や剛性といった機械的特性の評価は行われるが、これらの特性は、材料そのものの特性は当然のことながら、加工方法から生じる材料の構造とも密接に関係している。
 本講座は、高分子材料の微細構造について解説を行った後、成形加工品の構造について詳述する。また、基本的な機械特性の評価について,微細構造と合わせて解説する。さらに、今後ますます重要になるであろう、長期信頼性の評価についても触れる。
 講義は専門外の方にも理解できるように、丁寧に説明を行う予定をしている。
《プログラム》 1.高分子材料の構造
  1-1.高分子の性質
  1-2. 高分子の内部構造
  1-3.プラスチックの成形方法
  1-4.成形品の構造
  1-5.成形品に発生する残留応力

2.プラスチックの力学特性評価
  2-1.力学特性の評価手法
  2-2.成形条件と力学特性の関係
  2-3.複合材料成形品の配向と力学特性
  2-4.結晶化状態と疲労特性

 
【2部】 プラスチックの破面解析技術
講 師 ㈱三井化学分析センター 構造解析研究部 主席研究員 開発4ユニットリーダー 小玉 英樹 氏 

<ご専門>
 高分子材料の形態観察

<ご略歴>
 平成元年、三井石油化学(現三井化学)入社 
 入社以来、一貫して形態観察業務に従事する(31年)。

《習得できる知識》  破面解析(フラクトグラフィー)は、破面を観察することで破壊に至る履歴や不良箇所を読み取って、製品の破損原因を解明する手法です。プラスチック製品において、当社は40数年の技術の蓄積を基に、製品の破損原因を提供してきました。今回、分析事例等を中心にお話します。
《主 旨》  破面解析(フラクトグラフィー)は、破面を観察することで破壊に至る履歴や不良箇所を読み取って、製品の破損原因を解明する手法です。プラスチック製品において、当社は40数年の技術の蓄積を基に、製品の破損原因を提供してきました。今回、分析事例等を中心にお話します。
《プログラム》 1.破面解析の意義
  ・破面解析を何故行うのかなど

2.破壊の性質
  ・破壊強度の特徴など

3.破壊強度の測定方法
  3-1.低速変形破壊
  3-2.衝撃破壊
  3-3.クリープ破壊
  3-4.疲労破壊など

4.破面解析手順
  ・破面解析を実施する上での注意点など

5.破面解析事例紹介
  ・各種試験した破断面など

 

スケジュール

 12:30~14:15 第1部
 14:15~14:30 休憩
 14:30~16:15 第2部
 ※ 進行状況により多少前後いたします。