化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年9月6日(金)10:30~16:30
       会  場:滋慶医療科学大学院大学 9F 視聴覚大講義室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 田口技術士事務所 代表  田口 宏之 氏 技術士(機械部門)

<略 歴>
2003年3月 九州大学大学院修士課程修了
2003年4月~2015年3月 TOTO㈱ 住宅設備機器の製品開発・設計に従事
2015年6月~ 田口技術士事務所開設 製品設計に関するコンサルティングに従事

<資 格>
技術士(機械部門)

定 員

 30名

習得できる知識

・材料力学の基礎知識
・プラスチック材料の特性
・実務における強度設計の進め方 

趣 旨

 プラスチックは低コストで様々な特性を付与できるため、身の回りのたくさんの製品に使用されています。一方で、金属と比べて強度・剛性が低く、しっかりとした強度設計を行うことが重要です。しかし、実際にプラスチック製品の強度設計を始めてみると、思ったほど簡単ではないことに気付くはずです。材料力学の知識に加えて、プラスチック材料の特性や成形・加工の影響に関する知識、製品設計上の実務的ノウハウを持っていなければ、精度の高い強度設計ができないからです。それらの知識・ノウハウは広く浸透しておらず、KKD(勘と経験と度胸)による強度設計にとどまっていることが多いのが実情です。
 本セミナーは、数多くのプラスチック製品の設計を手掛けてきた講師が担当します。実務で活用できることを前提に、強度設計の基礎から分かりやすく解説していきます。

プログラム

1.プラスチック製品の強度設計に必要な材料力学の知識
 1-1.プラスチック製品の強度設計
  1-1-1 ストレス・ストレングスモデル
  1-1-2 プラスチック材料の物性表
 1-2.プラスチックの物性表と一緒に学ぶ材料力学の基礎
  1-2-1 荷重/応力/ひずみ
  1-2-2 フックの法則とヤング率
  1-2-3 応力-ひずみ曲線(S-S曲線)
 1-3.はりの強度設計
  1-3-1 はりに発生する応力とたわみ
  1-3-2 曲げモーメントとせん断力
  1-3-3 断面二次モーメント/断面係数
  1-3-4 リブの効果
 1-4 応力集中
 1-5 引張特性と曲げ特性

2.強度設計において考慮すべきプラスチック材料の特性
 2-1.プラスチック材料の特徴
  2-1-1 材料特性の決定プロセス
  2-1-2 結晶性プラスチックと非晶性プラスチック
 2-2.温度特性
 2-3.粘弾性特性
  2-3-1 力学モデル
  2-3-2 クリープ
  2-3-3 応力緩和
 2-4.疲労
 2-5.劣化
  2-5-1 様々な劣化要因(熱/水分/紫外線/その他)
  2-5-2 アレニウスの式を使った寿命の推定
  2-5-3 劣化スピードの経験則「10℃2倍則」
  2-5-4 RTI(相対温度指数)
 2-6.成形・加工・再生材の影響
  2-6-1 ウェルドライン/ボイド/残留応力 他
  2-6-2 再生材

3.実務における強度設計の進め方と事例
 3-1.要求事項の整理と安全率
  3-1-1 製品のライフサイクルから抽出する要求事項
  3-1-2 製品の使われ方の想定
  3-1-3 ストレス・ストレングスモデルで考える安全率
 3-3.トラブルを未然に防ぐ図面、仕様書の書き方
 3-4.事例で学ぶプラスチック製品の強度設計

【質疑応答・名刺交換】