化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年8月22日(木)10:00~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

ながさきポリウレタン技術研究所  古川 睦久 氏 
※ 長崎大学 名誉教授、ポリウレタン研究会 代表

定 員

 30名

趣 旨

 ポリウレタンとその周辺の研究・生産・営業に関わる技術者・若手研究者のために、基礎化学から用途までを、原料の種類と特性、ポリウレタンの合成のKnow How、製品設計に必要な構造と物性の関係、製品のトラブル対策の内容で直ぐ役に立つポリウレタンの基礎を分かりやすく講演します。

プログラム

1.はじめに
  1-1.ポリウレタンとは?
  1-2.ポリウレタンの開発の流れ
  1-3.ポリウレタンの用途と需要動向

2.イソシアネートの化学
  2-1.合成法
  2-2.各種活性水素化合物との反応生成物
  2-3.活性水素基との反応性比較
  2-4.共鳴構造と反応機構

3.原料
  3-1.ポリオールの種類と特性
    ・ポリエーテル系
    ・ポリエステル系
    ・ポリカーボネート系
    ・脂肪族系
    ・バイオポリオール
  3-2.イソシアネートの種類と特性
    ・芳香族系
    ・芳香脂肪族系
    ・脂肪族系
    ・脂環族系
    ・特殊なイソシアネート
  3-3.鎖延長剤・架橋剤 
      グリコール・多価アルコール, ジアミン化合物
  3-4.触媒・添加剤
    ・有機金属系触媒
    ・アミン系触媒
    ・その他

4.ポリウレタンの合成
  4-1.合成法
    ・塊状重合法、溶液重合法、エマルション重合法
    ・プレポリマー(二段階重合)法、ワンショット(一段階重合)法
  4-2.ポリウレタンの分子設計
    ・線状ポリウレタン、
    ・網目状ポリウレタン
    ・成形加工における分子設計
  4-3.合成反応の分析技術 
    ・滴定法(水酸基価・酸価・アミン当量法)
    ・機器分析(FT-IR,  NMR, HPLC, GPC)

5.ポリウレタンの化学構造と物性発現
  5-1.ポリウレタン鎖の化学構造の分類

  5-2.ポリウレタン鎖の高次構造への影響
    ・水素結合
    ・相混合
    ・ミクロ相分離
  5-3.ポリウレタンのゴム弾性への物理架橋の寄与
  5-4.物性への構造因子の影響
    ・イソシアナート、ポリオール、鎖延長剤、架橋剤構造の影響
    ・ソフトセグメント/ハードセグメント含量の影響
    ・ポリオールの分子量、分子量分布
    ・硬化(成形)温度の影響

6.ポリウレタンのトラブル対策
  6-1.合成過程のトラブルと対策
  6-2.製品のトラブルと対策
    ・熱劣化、光劣化、加水分解、微生物劣化、応力劣化、金属劣化(銅害)など

7.おわりに

≪質疑応答・名刺交換≫