化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2019年8月27日(火)13:30~15:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア B1F  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:40,000円(税込) ※ 資料付
             * メルマガ登録者は 36,000円(税込)
             * アカデミック価格は 25,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 ◇◇ メルマガ会員特典での複数名の受講申込みはこちらから ◇◇ 
  2名以上同時申込で、申込者全員メルマガ会員登録をしていただいている場合、2人目は無料です。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。複数名の受講申込みで、メルマガ登録をされていない方がおられる場合には、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ  セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。
    受講者1 (メルマガ価格)   FAX申込用紙PDF 
  受講者2 (受講料無料)   FAX申込用紙PDF 
  受講者3 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者4 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  受講者5 (受講料半額)   FAX申込用紙PDF 
  * 6名以上の受講については、CMCリサーチまでお問い合わせください。 → お問い合わせページ 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 南川 明 氏  IHS Markit/IHS Technology Japan Research Director

【講師経歴】
 1982年3月 武蔵工業大学 電気工学科卒業 自動制御専攻
 1982年4月-1990年5月 モトローラ㈱ HongKong Motorola Marketing specialist
 1990年5月-1995年12月 ガートナージャパン㈱ データクエスト 半導体産業分析部 シニア・アナリスト
 1996年1月-2000年5月 IDC Japan㈱ ディレクター
 2000年6月-2003年4月 WestLB証券会社 調査部 ディレクター&シニア・アナリスト
 2003年4月-2004年2月 クレディーリヨネ証券会社 調査部 テクノロジーヘッド&シニア・アナリスト
 2004年7月 ㈱データガレージ設立
 2006年12月 米アイサプライ社と合併
 2010年11月 米IHSの傘下に入り、IHSグローバル㈱となる
 2012年12月 IHSグローバル㈱に社名変更
 2016年7月 IHSとMarkit統合でIHS Markitに社名変更。

【活 動】
 JEITAでは10年間に渡り、世界の電子機器と半導体中長期展望委員会の中心アナリストとして従事する。定期的に台湾主催の半導体シンポジウムで講演を行うなどアジアでの調査・コンサルティングを強化してきた。特許庁の自動車用特許の技術審査委員、半導体関連特許審査委員。NEDOの「FeRAM製造技術の開発」研究評価委員。

セミナーの趣旨

 米中による「デジタル覇権争い」が本格化している。報復関税等の応酬が派手に繰り広げられる「貿易戦争」に注目が集まるが、その背景には経済や安全保障をめぐる両大国の覇権争いがある。とりわけ、急速に進む技術革新を背景とした「デジタル」領域の覇権争いは、各国の産業、及び企業に大きな変化をもたらす。
 本セミナーでは、エレクトロニクス産業のリサーチを追及してきた南川明氏が、このような米中ハイテク戦争におけるIoT時代に必要な技術開発テーマについて解説していただく。エレクトロニクス・半導体産業について、材料・技術・市場の動向や今後の展望などを半日で俯瞰し、エレクトロニクス産業が生き残る・勝ち残るために必要な情報を提供する。

セミナー対象者

 エレクトロニクス産業従事者

セミナーで得られる知識

 エレクトロニクス産業全般の動向

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1. 今後10年のエレクトロニクス・半導体産業の展望
 1.1 エレクトロニクス産業予測
 1.2 半導体産業予測

2. 半導体微細化のスローダウンから技術開発
  テーマが変わってきた

 2.1 微細化スローダウンで電子機器はどうなる
 2.2 低消費電力と高密度実装が重要になる

3. IoT社会で求められる半導体技術
 3.1 IoTの必要性
 3.2 IoTで求められる半導体は変わる

4. 米中貿易摩擦の落としどころと今後の影響
 4.1 米国が貿易摩擦を続ける理由
 4.2 中国は落としどころを見つけるしかない
 
 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ