化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

レオロジーを知らないが学びたい! 成形加工/高分子材料/食品加工/化粧品などに関わる技術者,研究者の方のための講座!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年6月3日(月)10:30~16:30
       会  場:大阪産業創造館 5F 研修室C  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 名古屋大学 物質科学専攻 教授 博士(工学)  増渕 雄一 氏

【専 門】
 レオロジー

【活 動】
 日本レオロジー学会理事,日本レオロジー学会誌編集長,文部科学大臣表彰(2017年度)

定 員

 30名

受講対象・レベル

 レオロジーを知らないが学びたいと思う方。高分子や成形加工については詳しく紹介できませんので、ある程度の知識をお持ちの方を前提とします。

習得できる知識

 レオロジーの基礎、レオロジー測定の原理、レオロジーデータの読み方、成形加工におけるレオロジー的な考え方

趣 旨

 プラスチックの成形加工においてレオロジーは重要と言われています。しかし大学でも講義として開講される機会は少なく、良い入門書も容易に入手できません。本講座では初学者向けにレオロジーの基礎をまず押さえます。測定法とデータの読み方を紹介したのちに、高分子のレオロジー的性質がどのようなものかを見ます。最後に、レオロジー的性質が成形加工にどのようにかかわるのかを解説します。

プログラム

1.レオロジー概論
  1-1 レオロジーとは何か?
  1-2 レオロジーでは何を測るのか?
  1-3 身の回りの品物のレオロジー

2.測定法とデータの読み方

  2-1 定常流測定とフローカーブ
  2-2 動的粘弾性測定:周波数スキャン
  2-3 動的粘弾性測定:温度スキャン
  2-4 動的粘弾性測定:その他

3.高分子のレオロジー
  3-1 分子量の効果
  3-2 分岐構造の効果
  3-3 分子量分布の効果
  3-4 ブレンドの効果
  3-5 溶媒の効果

4.成形加工とレオロジー
  4-1 射出成形
  4-2 押出/ブロー成形
  4-3 その他の成形

5.質疑応答