化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年3月14日(木)12:30~16:30
               3月15日(金)10:00~16:00
       会  場:江東区産業会館 第5展示室  → 会場へのアクセス 

       参 加 費:59,400円(税込、昼食(2日目のみ)資料付)

講 師

 広島大学 名誉教授、広大彦坂プロジェクト 代表  彦坂 正道 氏

【専 門】
 高分子物理・高分子結晶化

【学 歴】
 1967年 京都大学理学部卒
 1970年 東京都立大学大学院理学研究科、博士課程中退

【学 位】
 理学博士

【職 歴】
 1970年 東京都立大学理学部・助手
 1987年 英国Bristol大学・助手
 1989年 山形大学工学部・助教授 
 1994年 広島大学総合科学部・大学院総合科学研究科・教授
 1998年 オランダEindhoven大学・客員教授
 2007年 広島大学・特任教授・広大彦坂プロジェクト代表
 2016年 広島大学・名誉教授・広大彦坂プロジェクト代表 
  現在に至る 

【賞】
 1998年 高分子学会賞(高分子結晶化機構の統一的解明)

定 員

 30名

趣 旨

 高分子は長いひも状の分子なので“トポロジー的本性”が重要である。高分子が結晶化するためには、蛇のように滑り、絡み合いを制御しなければならない。結晶性高分子材料の構造と物性は結晶化により決定される。よって、高分子の結晶化メカニズム解明による構造・物性の制御は重要である。しかし、高分子の結晶化メカニズムは長年にわたり未解明であった。
本講義では、まず普遍的な結晶化の基礎理論を習得する。その上で、彦坂が提唱した “滑り拡散理論(1987)”を講義する。滑り拡散理論は「高分子のトポロジー的本性」を初めて取り入れることにより、高分子結晶化メカニズムを統一的解明に成功した理論である。
 本講座の目的は,高分子材料の高性能化・高機能化を実現できる力をつけることである。高分子の静置場結晶化から流動場結晶化までを、入門編としてわかりやすく講義するが,内容は最先端の研究結果である。特に、最近発見した伸長結晶化による“ナノ配向結晶(nano oriented crystal, NOC)”を用いた高分子材料の高性能・高機能化について、詳細に講義する。

プログラム

1.はじめに
 1.1.高分子のトポロジー的本性と“滑り拡散理論”
 1.2.従来の高分子結晶化と構造・形態
 1.3.新しい高分子伸長結晶化
 1.4.成果と課題

2.結晶化の基礎理論
 2.1.結晶化の原理: 熱力学的因子と速度論的因子
 2.2.古典的核生成理論: 核生成と成長

3.高分子の核生成
 3.1.“ナノ核”の直接観察による核生成メカニズムの検証
 3.2.均一核生成と不均一核生成、核剤の役割
 3.3.分子量、絡み合いの効果

4.高分子の結晶成長
 4.1.形態と沿面成長・“厚化成長”
 4.2.成長速度
 4.3.分子量、絡み合いの効果

5.伸長結晶化メカニズム(重点的に講義する)
 5.1.ナノ配向結晶(nano oriented crystal, NOC)の発見と普遍性
 5.2.NOCの構造・形態
 5.3.NOC生成メカニズムの解明
 5.4.NOC化による高性能・高機能化

6.高次構造形成メカニズム
 6.1.形態と“派生成長”
 6.2.球晶の起源
 6.3.高次構造の起源と“aging”

7.終わりに
  結晶化制御による高分子材料の高性能化・高機能化の展望

【質疑応答・名刺交換】