化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

データや数式の先にあるイメージを感じ取り成形加工を理解する!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年3月6日(水)12:30~16:30
       会  場:ドーンセンター 4F 中会議室2  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 九州大学 大学院 工学研究院 化学工学部門 准教授  名嘉山 祥也 氏

定 員

 30名

受講対象・レベル

 プラスチック成形加工に関する業務に携わっている方,あるいはこれからプラスチック成形加工に関する業務を行う方,また,ものづくりの現場にもっとレオロジーをと思っている方を対象としています。

習得できる知識

 レオロジーデータの読み方,高分子材料の成形加工性とレオロジー特性の関係,レオロジー測定と工業的なMFRの異同,その他,レオロジー的な基礎知識。

趣 旨

 流して形にするプラスチック成形加工法は多岐にわたり,さまざまな成形法ごとにクリアすべき課題は異なります。レオロジーに関係した成形不良に対しては,成形法ごとに効いてくるレオロジー特性を理解することが課題解決の鍵となります。本講座ではレオロジーの中で粘弾性について,データや数式の先にあるイメージを感じ取っていただき,成形加工の現象について、レオロジーを通して考え応用していただくことを目的としています。

プログラム

1.ざっくりレオロジー
  1-1 粘弾性:内部構造のある物質の流れ
  1-2 応力緩和:内部構造があると応答には時間がかかる
  1-3 デボラ数とワイセンベルグ数:流れは固体的か流体的か

2.粘弾性の基礎:レオメータ測定結果を読む
  2-1 力ではなく応力,変位ではなく歪み
  2-2 粘弾性とは,変形の記憶と忘却の時間スケールの問題
  2-3 小さな歪みへの応答:線形粘弾性とボルツマンの重ね合わせの原理
  2-4 どのように変形させるか:せん断,伸長,体積変化,平面性
  2-5 大変形:非線型レオロジー, 線形ではないということ.
  2-6 小さな歪み:動的粘弾性, 緩和時間分布,応力緩和との関係
  2-7 粘弾性の周波数依存性と温度依存性

3.成形加工とレオロジー:非線型レオロジー, 線形レオロジーからの推論
  3-1 流れを駆動する2つの仕方:圧力駆動, せん断駆動
  3-2 非線型レオロジーは歪み速度に依存する
  3-3 分子量と粘度
  3-4 流れやすさは MFR で測れる?
  3-5 弾性と伸長:伸長流動レオロジー

4.レオロジーを知って成形加工を行う
  4-1 流れの分類:せん断変形と伸長変形
  4-2 延伸と配向
  4-3 均一性と歪み硬化
  4-4 シャークスキンとメルトフラクチャー