化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ これからのGE企業の戦略とは? 先発メーカーとして何ができるか?~
成長するジェネリックへの対抗法とは? 差別化のためにすべきこととは?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年2月18日(月)12:30~16:30
       会  場:江東区文化センター 3F 第5研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 大正大学 教授 
 高山 誠 氏 (前アステラス製薬、カリフォルニア大学医学部客員教授)

定 員

 30名

習得できる知識

 ・先発品企業の特許切れ対策の見直し
 ・新製品マネジメントとジェネリック対策
 ・領域のライフサイクル・マネジメントによるジェネリック対策
 ・ジェネリックが注目される背景とメガジェネリックの誕生と対策
 ・先発品企業によるジェネリック逆転戦略

趣 旨

 ・多くの先発企業は特許切れを予め分かっているのに、特許切れ対応はしていません。
 ・そこに目を付けた逆転の発想は戦いの無いブルーオーシャン市場を作ります。
 ・緊急導入を毎度、突然言い過ぎていませんか?
 ・ジェネリックが新製品を生かし、新製品を誕生させる戦略もあります。
 ・新製品とジェネリックの共存戦略によりジェネリック対抗ができます。

プログラム

 1.先発品企業が特許切れ対応をしない原因と結果:
  ・開発部・研究所にGE対応はインセンティブがない
  ・大型品があるとAGと後継品開発をしない
  ・製品戦略を元に次を狙う結果、各社同じLCM戦略をする.

 2.新製品マネジメントとゾロ対策のあるべき姿:
  ・新製品マネジメントの前提がそもそも間違い
   -後継品がない原因はゾロ対策戦略がないため
   -後付けのため後手に回る製品戦略の原因を退治する方法
  ・後発品と先発品を協創する

 3.領域のライフサイクル・マネジメントによるゾロ対策:
  ・製品マネジメントではいつも緊急導入
  ・製品マネジメントではゾロ対策はできない。

 4.ジェネリックによる差別化と新製品誕生のための使い道
  ・ポイント1
   満足度の高い製品領域でも新製品はできる
  ・ポイント2
   今は無い市場が大きく成長する⇒自社・他社のGEも使い道
    1.利便性
    2.安全性
    3.新機序のみが、薬ではない
  ・ポイント3
    製品があれば後から領域を作る
    領域戦略は机上の空論と後づけでできる
    領域1位の先発品と後発品は先発品企業が予想できず、否定した製品
    領域戦略では否定した製品が大型後発品に育つ  他、具体的ポイントを解説

 5.ジェネリックが注目される背景
  ・後発品大手の利益率は先発品企業より高い

 6.日本の医薬業界はジェネリックと改良から始まった

 7.医療保険制度

 8.GE80%時代を迎えた業界の特徴的変化

 9.新薬以上の市場になるGE

 10.先発品企業によるGE逆転戦略
  ・GEを逆手に取る戦略
  ・先発企業として何ができるか?
 <先発品企業の選択>
  ・役に立つ良い企業になるか?
  ・一発もうけ主義でいくか?

 11.変わるジェネリックの流通形態と成長するジェネリックへの対抗法
  ・ビジネス・エコシステム (ビジネス生態系)
  ・従来の「産業(構造)」と「市場(構造)」は気付かぬうちに変わってしまっていた。
  ・企業内外がシームレスに結びつく「つながり」構築がキー
  ・ヘルスケアビジネス・エコシステム」(ビジネス生態系)で全体最適戦略をとる企業が勝つ。