化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

流体力学は難しくない! 流れの勘所を理解しましょう!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年2月4日(月)10:30~16:30
       会  場:大阪産業創造館 5F 研修室B  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 神戸大学大学院 システム情報学研究科 計算科学専攻 教授 博士(工学) 
 坪倉 誠 氏

【専 門】
 流体工学、流体シミュレーション、車両空力

【略 歴】
 日本機械学会, 日本流体力学会(フェロー), 自動車技術会(フェローエンジニア), 米国物理学会(American Physical Society), 米自動車学会(SAE International)

定 員

 30名

受講対象・レベル

 日常業務で空気や水の流れといった流体運動を取り扱う方。シミュレーションや実験による計測を行った結果に対して、得られた結果の妥当性を流体力学的な見地から評価したい人。高校卒業程度の物理学の知識があれば十分です。

習得できる知識

 流体力学の基本法則である質量保存則、運動量保存則、エネルギー保存則を駆使することで、流れ場における流速と圧力の関係や、流体中におかれた物体に作用する流体力を概算で見積もれるようになります。これにより、流体シミュレーションや実験をする前に対象とする流れ場の定性的な評価や、シミュレーションで得られた結果の妥当性を検討できるようになります。

趣 旨

 流体力学は、機械・土木・建築・航空・船舶・化学工学などの幅広い産業分野を支える重要な力学の一分野です。また最近では、流体力学の知識を人体内の空気や血液の流れなどに適用する、生体流体力学も盛んになってきています。本講座では流体力学の基礎として、物理学の根幹となる質量、運動量、エネルギー保存則に着目して解説を行い、流れ現象を理解するための勘所を理解してもらいます。上記のような流体力学が関わる分野で、これまでに流体力学を学んでこなかった、もしくは再度学びなおしたい、といった全ての方を対象に、流体力学の基礎から応用の初歩に至るまでを効果的に学習したいという方の参加をお待ちしています。

プログラム

1.流体の静力学

2.質量保存則と流量

3.エネルギー保存則とベルヌーイの定理

4.運動量保存則と流れに置かれた物体に作用する力

5.粘性流体の力学と管内・すきま流れ

6.層流と乱流

7.流体工学の最前線