化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 品質保証、バリデーション、適格性評価、プロセス管理、PV、変更管理・・・、豊富な経験を持つ講師が詳細に解説いたします ~
〇 バイオ医薬品の製造の精製工程において注意すべき項目とは?
〇 バリデーション後の管理と併せて変更管理についても解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年1月23日(水)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 次世代バイオ医薬品製造技術研究組合 技術開発担当部長 理学博士  河﨑 忠好 氏

【専 門】
 高分子化学

定 員

 30名

趣 旨

 バイオ医薬品製造におけるプロセスバリデーションに向けて注意事項及び検討すべき事項を説明する予定。特に最近の品質管理に関する米国FDAを初めとした規制当局の考え方とその対応の仕方をクロマトグラフィー精製工程を中心に解説する予定。また、バイオ医薬品製造において求められる各種適格性の評価とプロセスバリデーションとその後のプロセス管理を含めて解説する予定である。
 バイオ医薬品の製造においては特にクロマトグラフィーとフィルターを用いた精製工程において注意すべき項目が多いことからその適格性と管理項目及び洗浄法や寿命についての解説予定である。
 最後に製造工程が確立しても必ず変更が必要になることからバリデーション後の管理と併せて変更管理について解説する予定である。

プログラム

《第1章 バイオ医薬品製造における品質保証とバリデーション戦略》
 1.GMPと品質管理のパラダイムシフト
  ・ バリデーション戦略と文書化
  ・ 適格性評価とプロセスバリデーションの手法
  ・ 宿主発現系とその課題

 2.品質保証とバリデーション
  ・ 製造プロセスおける工程内試験
  ・ 分析法のバリデーション
  ・ クロマトグラフィープロセスの課題

 【習得できる知識】
  ・ バイオ医薬品製造に関する最新のGMPガイドラインの理解と品質管理のアプローチ法
  ・ 平成25年8月の改正GMPの基本概念の理解と全面改正されたバリデーション基準の内容に沿った施行方法
  ・ バイオ医薬品製造に用いられている各種宿主発現系とその問題
  ・ バイオ原薬製造工程において確認すべき品質管理項目と手法
  ・ クロマトグラフィーを用いた生産工程で考慮すべきプロセスの課題

《第2章 バイオ医薬品製造における適格性評価とプロセス管理》
 1. バイオ医薬品製造プロセスの品質管理

 2. クロマトグラフィープロセスの課題
  ・ 原材料の適格性
  ・ クロマトグラフィー性能の確認
  ・ スケールアップ & スケールダウン
  ・ 洗浄とサニタイゼーション

 3. プロセスシステムの適格性評価(DQ,IQ,OQ,PQ)と洗浄バリデーション
  ・ 製造装置
  ・ クロマトグラフィーカラム
  ・ フィルター

 4.工程内管理に用いる分析法
  ・ 目的物の確認試験法
  ・ 不純物の定量試験法
  ・ 試験の定量範囲
  ・ 生理活性物質の定量試験

 【習得できる知識】
  ・ バイオ原薬製造工程において確認すべき品質管理項目と手法
  ・ クロマトグラフィーカラム及びフィルターの洗浄バリデーション

《第3章 バイオ医薬品製造におけるプロセスバリデーション》
 1. 従来のプロセスバリデーションと新しいプロセスバリデーション

 2. クオリティ・バイ・デザイン(QbD)

 3. クロマトグラフィー工程のプロセス設計

 4. クロマトグラフィー工程の適格性検証

 【習得できる知識】
  ・ 新しいプロセスバリデーションの考え方に基づくプロセス設計とバリデーションの考え方
  ・ プロセスシステムの適格性評価と新ガイドラインの概要
  ・ プロセスクロマグラフィーカラム(ゲルを含む)の適格性評価の進め方

《第4章 バイオ医薬品製造におけるプロセスバリデーション後の管理》
 1. ICH Q5E(同質同等性)と工程変更及び変更管理

 2. 製造工程の変更とコンパラビリティー

 3. コンパラビリティー試験

 【習得できる知識】
  ・ ICH Q5E(同質・同等性に関するガイドライン)の概要とクロマトグラフィー工程における変更及び変更管理

 【質疑応答・名刺交換】