化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 演習で異業種のベンチマーキングができます。貴社のDRを変革しませんか!!~

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年1月23日(水)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第1会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

ぷろえんじにあ 代表 技術士(総合技術監理&機械部門)  粕谷 茂 氏
※元ソニー㈱、元富士ゼロックス㈱

【略 歴】
1973年 ソニー㈱入社
 AV用モーター、CRT・電子銃、ロボット、半導体などの開発に従事。
 それと並行して国内外の電子部品・半導体メーカーへの技術コンサルティング・教育担当として活躍。
1991年 富士ゼロックス㈱入社
 生産システム開発に従事。また,人材開発戦略立案・創造性開発手法の推進などに活躍。
2006年 ぷろえんじにあ 設立
 企業へのコンサルティング、TRIZ、経済性工学、プロジェクトマネジメント等セミナー講師
 NEDO、高度化事業、 ものづくり補助金などの事業性評価委員

【活 動】
山口大学 創成デザイン工学 & メカトロ特論 講師
神奈川県開発アドバイザー(水素・燃料電池関連)
神奈川県省エネアドバイザー
韓日技術協力財団技術アドバイザー

【著 書】
1.SEのスピード発想術(技術評論社)
2.図解これで使えるTRIZ/USIT(JMAM)
3.プロエンジニア-コンピテンシー構築の極意-(テクノ)
4.TRIZ 実践と効用体系的技術革新(創造開発イニシアチブ)
 

定 員

 30名

受講対象・レベル

< 主な受講者の声 >
 ・DRの間違いがよく理解できました。自社の仕組みを改革できそうです。
 ・演習で他社の課題も聞けて、はっと思えるポイントも指摘されました。
 ・抜け漏れをチェックし皆で知恵を出し合う。DRの本質を再確認しました。

必要な予備知識

 ・事前に、自社のDRの課題について要点を確認しておくこと。

趣 旨

 多くの企業でDRやFMEAを活用しているが、十分な成果が得られていないとの声を聞きます。特に新規製品開発での有効なDR法を模索されているようです。
失敗しないDRの本質は、源流にスポットを当てることです。つまり、企画段階のDRに注力して適切な手法を駆使したディスカッションに時間をかけるべきなのです。

いままでのセミナーと何処が違うのか? ポイントは次の通り。
 1. 30年以上にわたる複数企業での新製品開発の提案者、決裁者、アドバイザー経験から蓄積したノウハウとなっています。
 2. 企業の身の丈にあった、研究、製品開発、生産技術等の開発プロセスでのDRの進め方を多くの視点で見直しできます。

プログラム

1.はじめに(研修の狙い)

2.DRの基本と進め方
 2.1 DRとは
 2.2 DRの仕組みと機能
 2.3 DRの効果
 2.4 DRの種類
 2.5 DRの審査基準
 2.6 開発プロセスとDRの体系
 2.7 フェーズごとの準備資料
 2.8 DRの主な問題点と原因
 2.9 主な対応策

3.DRの抜け漏れ防止ツール
 3.1 企画書の構成と手法/チャート
 3.2 顧客ニーズ・要素技術表
 3.3 WBS(機能系統図)
 3.4 LRC(責任権限表)
 3.5 DA(システム選択ツール)
 3.6 評価基準と定量的評価指標
 3.7 ROIシミュレーター(投資評価ツール)
 3.8 開発テーマの進捗管理法
 3.9 課題共有化のための可視化法
 3.10 エキスパートリスト
(※参考:プロセス改革ベンチマーキング事例)
 Q&A

4.DRプロセス事例
 4.1 研究開発プロセス
 4.2 生産技術プロセス

5.リスク分析のケーススタディ
 5.1 リスクとは
 5.2 リスク分析
 5.3 重点管理項目とその選び方
 5.4自動車関連でよく使われる変更点管理分析

6.DRの高度化ツール(活用ポイント)
 6.1 ユニバーサルデザイン
 6.2 フールプルーフ
 6.3 フェールセーフ
 6.4 FMEA
 6.5 FTA
 6.6 3DCAD
 6.7 CAEシミュレーション
 6.8 タグチメソッド
 Q&A
 演習(視える化ツールSRストーリーを使ったケーススタディ)
※ DRのベンチマーキング事例

7.DR演習・討議(ケーススタディ)

8.まとめ

Q&A