化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

☆ 基本から学びたい方、復習したい方に最適な講座! 動画や演習も交えてわかりやすく解説する!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2018年12月25日(火)10:30~16:30
       会  場:江東区文化センター 3F 第5研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 ものつくり大学 技能工芸学部 総合機械学科 教授 博士(工学)  香村 誠 氏

【ご略歴】
・慶應義塾大学大学院博士課程中退
・三機工業㈱ 技術研究所,同エンジニアリング事業部(~2001 年)
・東京海洋大学非常勤講師(~2017 年)
・明治大学兼任講師
・日本機械学会,日本流体力学会,空気調和衛生工学会などに所属

定 員

 30名

受講対象・レベル

 流体力学を基本から勉強したい方、復習したい方。老若男女を問いません。

必要な予備知識

 特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

習得できる知識

 前半では知識をまき散らすのではなく、物理法則を改めて正しく理解できるように解説します。後半では私自身の経験を交えて一部実務的な事柄にも触れます。

趣 旨

 本講習は流体力学を基本から勉強したい、あるいは復習したい方のために、運動の法則や単位と次元など最も基本的な内容から話しをはじめます。物理法則の基本をしっかりと理解することは必ずや実務を確実に遂行する近道になるはずです。 
 しかしながら一方で、話しの内容や順番はときに通常の教科書を離れ、機械系エンジニアの実務に役に立つようにも配慮します。動画や問題演習も織り交ぜてわかりやすい講習を目指します。

プログラム

1.力学の基礎
 ニュートンの運動の3法則を復習します.

2.単位と次元
 次元の考え方,様々な単位系を紹介します.

3.円柱まわりの流れ
 円柱まわりの流れを話題に上げながら以下の内容に触れます.
 (1) レイノルズ数
 (2) 抗力係数
 (3) 模型実験
 (4) カルマン渦とストローハル数
 (5) ベルヌーイの定理
 (6) マグナス効果

4.層流と乱流
 それぞれの特徴と遷移について解説します.

5.管内の流れと配管設計
 配管およびポンプの選定につき実務上の考え方を紹介します.

6.流体計測
 測定機器の原理と使い方を説明します.

7.流体シミュレーション(時間があれば)
 流行のコンピュータ・ソフトは中でなにをしているかを概説します.

 【質疑応答・名刺交換】