化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~潰瘍性大腸炎/クローン病の診断・治療の実情/医療現場の視点で見た臨床試験計画の要点とは?~
適切なエンドポイントの設定とは? 現場視点での選択除外基準、適格基準の設定は?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2018年5月22日(火)13:00~16:00
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 富山県立中央病院 内科(消化器) 部長  松田耕一郎 氏

定 員

 30名

プログラム

 1.IBDの疾患多様性

 2.潰瘍性大腸炎
  -潰瘍性大腸炎の診断・治療の実情
  -潰瘍性大腸炎のタイプ別、症例別の症例への対応
  -潰瘍性大腸炎の自然史
  -潰瘍性大腸炎とがん

 3.クローン病
  -クローン病の診断・治療の実情
  -クローン病のタイプ別、症例別の症例への対応
  -クローン病の自然史
  -クローン病とがん

 4.臨床試験の実践とエンドポイント
  -炎症性腸疾患における適切なエンドポイントの設定とは
  -複数エンドポイントと代替エンドポイントの活用
  -被験者リクルートの実際
  -選択除外基準、適格基準の設定
  -信頼性及び妥当性の評価とは
  -有害事象判定の実際

 5.治療の現状をふまえた現場が望む診断・新薬像とは?