化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~販売予測/薬価の予測/発売間近の新製品や既存品の数量予測~
≪初級レベルにも対応!≫

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2018年5月21日(月)13:00~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2会議室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 ノボノルディスクファーマ㈱ プロジェクトマネージャー  太田剛史 氏

定 員

 30名

受講対象・レベル

 Excel初級レベルから対応

習得できる知識

 本セミナーでは販売予測の実務担当に最低限必要な知識に絞って解説します。エクセルで作業することを前提にして、初級レベルのエクセル知識があれば根拠に基づいた販売予測を作成できるレベルを目指します。

趣 旨

 マーケティング、営業、製造にとって販売予測は非常に重要です。それぞれ、販売目標数字や、製造数量に直結し、販売金額の目標達成や効率的な生産のために活用されます。一方で、外的・内的環境要因に不確実性が高い場合が多いうえ、社内の政治的な要因にも強く影響をうけるため、達成可能かつ意欲的な予測を立てるのは大きなチャレンジです。
 講師が販売予測を担当してきた経験をもとに、販売予測を立てる実務担当者向けに必要な知識を解説します。特に、発売間近の新製品や既存品の数量予測に焦点を置いて解説します。尚、他社品と、新製品については表面的な説明のみとなります。予めご了承ください。

プログラム

 1. 販売予測にあたって
  1.1 販売予測の目的
  1.2 販売予測作成のプロセスとコミュニケーション

 2. 様々な販売数量予測の手法
  2.1 トレンドによる予測
   2.1.1 ベースライン
    2.1.1.1 様々なベースラインの種類
       (線形、多項式、ルート、指数、対数、累乗、
        ロジスティック曲線、ゴンペルツ曲線)
    2.1.1.2 エクセル関数で様々なベースラインを作成する方法
       (TREND関数、FORECAST関数、GROWTH関数
        LN関数、SQRT関数、LINEST関数など)
    2.1.1.3 最適なベースラインの選択
       (決定係数、Ruなど)
   2.1.2 月次変動
    2.1.2.1 薬価改定の影響
    2.1.2.2 営業に数の影響

  2.2 類似製品の事例に基づく予測
   2.2.1 14日間処方制限
   2.2.2 適応追加、大規模臨床試験の発表
   2.2.3 競合他社による新製品の発売
  2.3 市場調査による予測
  2.4 市場ダイナミクスデータに基づく予測

 3. 薬価の予測
  3.1 医薬品の流通と価格の種類
  3.2 薬価制度の概略
  3.3 既存薬の薬価予測
   3.3.1 自社の薬価予測
   3.3.2 他社の薬価予測
  3.4 新薬の薬価予測

 【質疑応答・名刺交換】

持参物:Excelが使用できるPC
※ 当日は講師のデモも同時進行で行いますので、PCを持参されなくても構いません。