化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

粘弾性を画像、動画などを使ってイメージし、成形加工性への応用をはかります!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年8月31日(木)12:30~16:30
       会  場:江東区文化センター 3F 第1研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 山形大学 有機材料システム研究科 准教授 博士(工学)  杉本昌隆 氏

【専 門】
 高分子レオロジー、高分子成形加工

定 員

 30名

受講対象・レベル

 粘弾性になじみのない方、成形加工メーカーや材料メーカーなどプラスチック製品の設計・開発(多層フィルム成形、発泡成形、シート成形、ブロー成形など)に携わる若手・中堅技術者

習得できる知識

 粘弾性に関する基礎知識の習得、各種成形加工(多層フィルム成形、発泡成形、シート成形、ブロー成形など)との関連

趣 旨

 プラスチック成形加工は、単純化すれば「流す」「形にする」「固める」工程からなります。望まれる形状を賦与するためには、粘弾性流体である高分子溶融体の挙動を把握し、理解することが必要です。これらの工程は重要な最終的な製品の物性や機能にも大きな影響を与えるものです。本セミナーでは、「流す」「形にする」工程に必要なレオロジーの基本を述べたのち、具体的にいくつかの高分子材料の流動性改良技術を紹介します。

プログラム

1.はじめに レオロジーとは?

2.レオロジーの基本的な考え
  2.1 変形と応力
  2.2 純弾性体、純粘性体、粘弾性体
  2.3 粘弾性模型(マクスウェルモデル)と緩和時間

3.溶融プラスチックのレオロジー 
  3.1 ゴム弾性、ゴム状領域とからみ合い点間分子量
  3.2 線形粘弾性(動的粘弾性)
     貯蔵弾性率、損失弾性率、緩和時間、ゴム状平坦弾性率
  3.3 温度時間換算則
     WLF式、アレニウスプロット、van Gurp-Palmen則
  3.4 定常流
     Cox-Merz則
  3.5 階段状応力緩和
     線状、分岐高分子の応力緩和挙動、ダンピング関数
  3.5 粒子充填系の粘度
  3.6 伸長粘度
     線状・長鎖分岐高分子のひずみ硬化性 粒子充填系の伸長粘度

4.溶融プラスチックのレオロジーの改質と成形加工
  4-1 ポリスチレン、ポリプロピレンの溶融張力改良と発泡成形、ブロー成形性
  4-2 壁面スリップの評価と押出物表面形状
  4-3 異種多層共押出フィルム成形における界面スリップ評価と押出物形状
  4-4 有機系核剤添加による発泡特性の改良
  4-5 リサイクルポリエチレンテレフタラートの溶融張力改良とブロー成形性
  4-6 粒子高充填樹脂のひずみ軟化性と障害物まわりの充填性