化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

濡れに関する知識と情報は、この講演を聞けば完璧にマスターできます!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年8月25日(金)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第1会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 元・花王㈱研究所 所長、元・北海道大学電子科学研究所 教授 理学博士  辻井 薫 氏

【専門】
 コロイド・界面科学

【受賞】
 日本油化学協会賞 進歩賞(1982年)、油脂工業会館・最優秀技術論文賞平成(1998年)、日本化学会・学術賞(1999年)、高分子学会・三菱化学賞(2007年)、高木賞(2008年)、日本化学会フェロー(2009年)、高分子学会フェロー(2011年)

【社会活動】
 日本学術会議連携会員(2006年~2011年)、日本化学会・コロイドおよび界面化学部会・部会長(1999年~2001年)、英国化学会雑誌「Soft Matter」編集幹事(2004年~2007年)

定 員

 30名

特 典

 本講演テーマに密接に関連する講演者の著書(超撥水と超親水―その仕組みと応用―)を進呈

受講対象・レベル

 情報通信、建築/建材、自動車、化粧品/香粧品、印刷、色材、洗剤、繊維等の業界で働く技術者と研究者。大学の教養課程で習う物理と化学の知識を有していることが望ましい。

習得できる知識

 濡れの原理、その極端な例としての超撥水/超撥油/超親水のメカニズム、現在までに実用化されている応用例、今後の課題とそれに取り組んだ例。

趣 旨

 超撥水/超撥油/超親水技術は、広い分野における応用が期待されている。その原理を濡れの基礎から説き起こし、解り易く解説する。その後、本技術の最先端を紹介するとともに、その応用例を挙げる。

プログラム

1.濡れの基礎
  ・表面張力と界面張力
  ・平らな表面の濡れ
  ・毛管現象
  ・濡れのコントロール 
  ・凸凹表面の濡れ(Wenzelの理論、Cassie/Baxterの理論)

2.自然界における超撥水表面
  ・植物の葉や花びら
  ・動物表面

3.超撥水/撥油表面の実現
  ・フラクタル構造による超撥水/撥油表面
  ・自発的フラクタル構造形成機構
  ・その他の凸凹構造による超撥水/撥油表面

4.超親水表面とその応用
  ・光触媒(酸化チタン)による超親水表面の実現
  ・酸化チタン超親水表面の自動洗浄への応用例(壁材、ガラス表面)

5.超撥水/撥油表面実用化に向けて
  ・応用の可能性と問題点
  ・耐久性超撥水/撥油表面への挑戦