化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

皮膚洗浄の基礎知識、使用感評価、製剤化に関して専門家が分かりやすく解説いたします!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年7月25日(火)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 ●第1部:
 太陽化学㈱ 東京本社 カスタマーサービスセンター
 第3グループ チームリーダー  小山匡子 氏

【専門】
 界面化学、乳化、レオロジー

【資格】
 ・技術士(化学部門)
 ・博士(工学)

【学会活動】
 公社)日本化学会コロイドおよび界面化学部会事業企画委員
 公社)日本油化学会 関東支部委員
 日本化粧品技術者会 東京支部常議員

【受賞暦】
 日本化学会コロイドおよび界面化学部会技術奨励賞受賞

 ●第2部:
 ㈱日本オリエンテーション SDP研究所 客員主席研究員
 髙橋正二郎 氏【元㈱資生堂】

【専門】
 ・商品開発 ・感性価値研究 ・能評価 ・市場調査

【略歴】
 日本オリエンテーション SDP*研究所 客員主席研究員。 *SDP(Sensory Design Program:感性価値開発設計プログラム)
 ・2005年まで㈱資生堂に34年間勤務、商品開発、官能評価、生活者研究を担当。
 ・データは手羽先」をスローガンに掲げ、鳥瞰的な統計手法と虫視的な官能評価と生活者研究を駆使した商品開発に直結するデータマイニング手法を開発。
 ・現在、おいしい味・魅力的な香り・気持ちのよい感触などをめざした感性価値の開発におけるコンサルタント、セミナー等で活動中。

 ●第3部:
 花王㈱ スキンケア研究所 上席主任研究員 津田ひろ子 氏

【専門】
 皮膚洗浄技術、製剤開発

定 員

 30名

プログラム


【第1部】10:30~12:30
「クレンジング・洗顔料開発のための皮膚洗浄の基礎と評価手法」


​ クレンジング化粧品はメーク汚れを落とすものと消費者の使用目的は明確です。しかし商品形態やメーク汚れを落とす力の程度など、様々なものが存在しています。洗顔料をあわせて使用することを推奨する商品もあります。消費者は、どのようにメーク汚れを落としたいかニーズにあわせて上手に使い分けています。クレンジングに求める消費者ニーズをヒントに、メーク汚れを落とし、肌を清浄に保つことに関する、洗浄の基礎とその評価方法を様々なクレンジング化粧品を例に説明します。


 1.クレンジング・洗顔の目的
  1-1クレンジング化粧品の使用目的
  1-2洗顔料の使用目的

 2.クレンジング化粧品の種類と洗浄特性
  2-1クレンジングローション
  2-2クレンジングジェル
  2-3バイコンティニュアスクレンジング
  2-4クレンジングオイル
  2-5乳化系クレンジング
  2-6洗顔料

 3.洗浄目的にあわせた皮膚測定
  3-1汚れ落ち測定
  3-2皮膚コンディション測定
  3-3心地よさにつながる測定
  3-4その他の皮膚測定

 4.製品開発につなげる洗浄評価の注意点


【第2部】13:15~14:45
「事例を交えたクレンジング化粧品に求められる使用感の設定・評価」


 クレンジング化粧品は、使用率や使用頻度が高く、安定した市場をもつ優秀な商材です。一方、洗顔は日常行為の一部であり、洗顔の生活文化史上の位置づけは日本特有の経過があり、今日の洗顔やクレンジング化粧品に対する価値観もこれらの積層を無視しては語れません。クレンジング化粧品を含めスキンケア化粧品の使用感は、商品とお客さまとの直接的なコミュニケーションをとる重要な要素であり、満足感や連用を促しリピートに直結する特性でもあります。クレンジング化粧品がお客さまに好まれ、リピートを勝ち取るためには入念な使用感の設定が欠かせませんが、そのためにはお客さまの要望をお客さま自身の声から収集し、正しく解釈して商品に反映させることが大切です。ところが、お客さまの使用現場での使用実態は要望とはそぐわない部分もあり、お客さまの真意を確実に捉えることも重要になります。

 以上、これらのことを踏まえて実際の仕事としてどう進めるか、具体的な事例を通じて、失敗から得られた知恵の財産も含めて実際的な方策を紹介したいと考えます。

【習得できる知識】 ​

 ・クレンジング化粧品の使用感の設定について具体的な進め方が習得できる。
 ・クレンジング化粧品の使用感を通じて、化粧品と美容法の関係を把握できる。
 ・化粧品の使用現場でのお客さまが陥りやすい誤解などへの感覚が身につく。
 ・商品の評価について、従来的な視点である売り上げや使用実態などに加え、生活文化の歴史的考察など、多面的な視点が養われる。


 1.クレンジング化粧品市場俯瞰
  ①洗顔の美容法上での位置づけ
  ②優秀な商材としてのクレンジング化粧品

 2.日本における洗顔美容の文化的背景
  ①日本人の洗顔大好きの由来
  ②洗顔文化史 -上代の神話から江戸の銭湯文化、明治の変容-

 3.クレンジング化粧品における使用感の考察
  ①クレンジング化粧品の使用感の価値
  ②美容法からみたクレンジング化粧品とその使用感
  ③危うい使用実態と洗顔料の宿命

 4.クレンジング化粧品の使用感へのお客さま要望とその反映
  ①使用感へのお客さまの声の収集と声の実態
   ・厳しい声  
​   ・裏腹の現実
  ②声の真意の翻訳と使用感設計への反映

 5.めざす使用感の実際
  ①クレンジングフォームの使用感
  ②オイルクレンジングの使用感

​ 6.質疑応答など
  ①参考書籍の案内
  ②質疑応答
  ③追加質問などへの対応


【第3部】15:00~16:30
「消費者価値を具現化するクレンジング化粧品製剤化のポイント」


 商品開発の面白さは、社会的に有用性のある商品を、独創性のある視点・技術を活かした形で市場に提案できることにあります。

 1985年、花王が初めてメイクを洗い流して落とす「メイク落とし」を提案して以来、女性の洗顔習慣は変わり、メイク落としの市場が広がりました。それから現在に至るまで、私たちは消費者のさまざまな生活の不充足を掘り起こし、それを解決することで、新たな価値提案につなげてきました。

​ メイク落としの商品開発の歴史において、私たちがどのような課題に着目し、技術開発によって解決してきたのかをお話しします。

​【習得できる知識】

 ・市場にあるメイク落としの基剤、製剤に関する基礎的な知識
 ・消費者の生活に着目した価値の設定
 ・市場を大きく変えたメイク落としに応用されている製剤化技術に関する知識


 1、はじめに

 2、水、油、界面活性剤を用いた製剤を理解するための予備知識
 
 3、消費者に広く受け入れられる価値を具現化し、市場を開拓したメイク落としとその製剤化技術

  3-1、メイクを洗い流して落とすメイク落としの提案
   ~界面活性剤の会合構造を利用したメイク落としの技術~
  3-2、お風呂場でのメイク落としの提案
   ~ノニオン性界面活性剤を利用したメイク落としの技術~
  3-3、お風呂場で使えるオイルの提案
   ~耐水性の高いオイル型メイク落とし製剤の技術~
  3-4、擦らずに落とせるメイク落としの提案
   ~バイコンティニュアス相を利用したメイク落とし製剤の技術~

 4、価値探索の方向性と今後の展望​