化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 基礎知識/化合物評価/デューデリジェンス/ライセンスストラクチャー/契約書 ~
交渉プロセスと化合物評価や契約書の作成のポイントとは?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年5月30日(火)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 特定非営利活動法人 メディッセ 代表理事 医学博士  志甫 理 氏

【ご専門】
 医薬ライセンシング、医薬開発化合物評価、バイオテクノロジー

【ご経歴】
 東京大学農学部で酵素学を専攻後、武田薬品工業㈱に入社。研究所で主に免疫学とバイオテクノロジーによる創薬研究を主管、この間に7年間、国内外の研究機関に遊学し免疫学や幹細胞に関する研究に携わりました。また、同社製品戦略部では主に欧州製薬企業との医薬ライセンシングを主管するとともに欧州製薬企業のライセンス化合物評価法を習得しました。退職後、ドラッグラグの解消を目指すビジネスモデルでバイオベンチャーを設立、その後、国内外のバイオベンチャーの経営に参画し、導出・導入の両面から医薬ライセンシングを推進してきました。さらに、それぞれ大阪と名古屋を中心に活動している専門医の特定非営利活動法人を主宰し、最新医療に関する啓発活動を行っています。

定 員

 30名

趣 旨

 まず医薬ライセンスの特殊性と基礎的な用語についてお話しします。実務としては交渉プロセスと化合物評価や契約書の作成を取り上げます。
 1)医薬ライセンスの歴史と特殊性
 2)医薬ライセンスに関する基礎知識(用語とその意味など)
 3)一般的な医薬ライセンス業務の流れと実務の進め方
 4)化合物評価(候補化合物の探索からデューデリジェンスまで)
 5)多様化したライセンスストラクチャー
 6)契約書の作成

「2日目」の内容は下記よりご覧ください。
ライセンスフィーの設定とライセンス交渉の実務ノウハウ https://cmcre.com/archives/27911/

「1日目」「2日目」セットでご受講希望の場合は下記よりお申込みください。
医薬品ライセンス基礎講座【2日間口座】 https://cmcre.com/archives/27776/

プログラム

 1.医薬ライセンスの特徴
  1.1 医薬品の承認認可制度と研究開発
  1.2 他の産業のライセンスとの違い

 2.医薬ライセンスの基礎知識
  2.1 対象~開発・製造・販売権、商標、ノウハウ~
  2.2 ライセンス形態~買取、共同開発、共同販売など~
  2.3 ライセンスフィー
  2.4 ライセンス契約とその関連契約

 3.ライセンス交渉の流れ
  3.1 社内検討と承認
  3.2 相手企業へのアプローチ
  3.3 導出導入希望の表明
  3.4 秘密資料の入手
  3.5 主要契約条件の協議
  3.6 デューデリジェンス
  3.7 契約書の作成~契約書全条項に関する協議~
  3.8 契約締結

 4.ライセンス化合物の評価
  4.1 ポートフォリオ分析
  4.2 Target Product Profile
  4.3 候補化合物の探索
  4.4 公開資料の入手方法
  4.5 候補化合物の選定と優先順位付け
  4.6 秘密資料による評価
  4.7 収益性分析
  4.8 デューデリジェンス
   1)デューデリジェンスの実施時期
   2)実施方法
   3)最終評価~ラインセンス可否の判断~

 5.ライセンスストラクチャー
  5.1 ストレートライセンス
  5.2 交換化合物がある場合
  5.3 条件付きライセンス契約
  5.4 包括的ライセンスや企業買収
  5.5 オープンイノベーション

 6.契約書の作成
  6.1 タームシート~主要条件に関する協議~
  6.2 契約書の内容
   1)対象と種類
   2)目的
   3)主要な契約条項
   4)経済条件に関わる条項
  6.3 注意点
   1) 独占禁止法による制限行為
   2) 契約満了あるいは解約時の注意点