化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年6月19日(月)10:30~16:30
               6月20日(火)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:64,800円(税込、昼食・資料付)

講 師

 インクジェット・ジェーピー 代表  小藤治彦 氏

≪略歴≫
 1968年4月  ㈱諏訪精工舎(現セイコーエプソン)入社
 1976年~ 信州精器最初のワイヤードットプリンタ(M-500)を開発商品化
 1978年~ 圧電型インクジェットプリンタの開発商品化をおこなう
 1995年6月 キヤノン㈱入社
 1995年~ BJプリンタの開発を指揮する
 2001年9月 キヤノン㈱を退社
 以降 技術コンサルタント(インクジェット・ジェーピー)としての活動を始め、現在まで国内外数十社のコンサルティングを行っている

定 員

 30名

習得できる知識

 ・インクジェットの原理
 ・よく起こる基本問題
 ・インクに求められること
 ・民生用インクジェットと産業用インクジェットの違い
 ・ヘッド特性の解析方法
 ・インク、ヘッドのパラメータ変動がどう特性に影響するか
 ・具体的に起こる不具合と対策

 ・圧電素子のまとめとヘッド構造
 ・必要なインクパラメータ
 ・インク、ヘッドのパラメータ変動とそれによる特性変化/集中定数モデルの構築と解析
 ・速度と吐出量の関係
 ・速度と着弾精度
 ・測定方法および評価方法
 ・ばらつきの要因と詳細な具体的対策

趣 旨

<1日目>
 長年にわたって各種インクジェットを開発してきた講師の体験と理論に基づき、インクジェットの原理的な説明をするとともに、多くの課題についてお話します。またどんな初歩的な質問にもお答えし、わかりやすい講演にします。
<2日目>
 インクジェットは、実験室でごく容易に吐出できる反面、実用的に安定して長期間運転し続けることは容易ではありません。
 本講座では、インクジェットの安定吐出技術について、講師の体験と理論に基づき、原理的な説明をするとともに具体的な課題、対策についても詳説します。

プログラム

 各日の詳細プログラムは、以下よりご高覧ください。

6/19(月)インクジェット入門講座(初級編)~インクジェット技術を応用する際に知っておきたい基本的な原理と具体的な課題~

6/20(火)インクジェットの実務 (中級編)~インクジェットの均一吐出と信頼性確保~

お申込みについて
2日間お申込みされる際には、当ページよりお申込みください。
どちらか1日のみご参加の際には、上記リンク先よりそれぞれお申込みください。