化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

経験豊富な講師が各種難燃剤の考察から規制の動向まで、ビデオ映像も交えて分かりやすくご説明いたします!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年6月9日(金)12:30~16:30
       会  場:大阪産業創造館 5F 研修室D  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 京都工芸繊維大学 伝統みらい教育センター 特任教授 Ph.D 大越雅之 氏
 ※ 難燃材料研究会 会長、NEDO技術委員、新技術連携支援機構 理事

定 員

 30名

趣 旨

 初級から中級者向けの内容です。トピックスとして、臭素系難燃剤/助剤の規制動向にも触れます。
 1、高分子材料の難燃化について、①難燃剤毎の難燃機構、②先端分野でナノを用いた難燃化の実際、③不燃化機構(建材、燃料電池材料等)をベースに解説します。
 2、評価とその規制では、①難燃材料の評価方法(UL改正最新動向及び用途での評価方法、車載材料、繊維、電気・電子材料等)、②難燃性の定量化(UL難燃性の定量化について)、③規制(RoHS~Epeatまで)、④難燃材料の開発動向について解説します。
 分かり易く、ビデオ映像も交えて、及びユーモアも交えて、ご説明したいと考えております。

プログラム

1.高分子難燃及び不燃化の基礎
  1-1.はじめに
    1-1-1.難燃材料とは
    1-1-2.難燃機構と技術概要
  1-2.臭素系難燃剤難燃機構の考察
    1-2-1.熱分解とそのタイミング
    1-2-2.分解物とその作用
    1-2-3.ラジカルトラップとチャー形成における考察
  1-3.リン系難燃剤難燃機構の考察
    1-3-1.ベース樹脂の性質
    1-3-2.リン系難燃剤の分解とその難燃性
    1-3-3.リン系難燃剤の注意点
  1-4.ナノ系難燃剤難燃機構の考察
    1-4-1.ナノ系難燃剤の概念
    1-4-2.その実例と難燃性
  1-5.不燃化の考察
    1-5-1.難燃樹脂の不燃性
    1-5-2.液体不燃化に関する考察

2.難燃性の評価とその規制
  2-1.樹脂材料の難燃試験
    2-1-1.UL-94(5V改正状況)
    2-1-2.限界酸素指数
    2-1-3.コーンカロリメータ
    2-1-4.新UL試験の実施例
    2-1-5.その他の試験方法(発煙量、電線ケーブル試験、車両試験等)
  2-2.難燃性の定量化
  2-3.難燃樹脂の法的規制動向
    2-3-1.RoHs
    2-3-2.WEEE
    2-3-3.Rearch
    2-3-4.EPEAT
    2-3-5.特化物指定の三酸化アンチモン動向
    2-3-6.その他の規制
  2-4.難燃樹脂材料の動向
    2-4-1.ハロゲン難燃樹脂の課題と開発動向
    2-4-2.ノンハロゲン難燃樹脂の課題と開発動向
      a)リン系難燃剤の開発動向
      b)リン系難燃剤以外の難燃樹脂の課題と開発動向
    2-4-3.バイオマス材料の難燃化
    2-4-4.電池材料の難燃化
  2-5 難燃剤のみらい
  2-6 特許動向

【質疑応答・名刺交換】