化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年6月5日(月)12:30~16:30
       会  場:大阪市立中央会館 2F 第4会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 【第1部、第2部】 大阪大学 工学研究科 応用化学専攻 教授 博士(工学)
          宇山 浩 氏
 【第3部】モリマシナリー㈱ セルロース開発室 室長 山本顕弘 氏

定 員

 30名

趣 旨

 地球上に最も豊富に素材するセルロースに関し、近年、セルロースナノファイバーをはじめとするナノセルロースの高性能・高機能材料への応用と産業化が活発に検討されている。本講座ではセルロースの基礎に始まり、樹脂複合化、セルロースナノファイバーの作製技術、高性能複合材料からエネルギー関連やバイオ関連への応用まで用途開発の最前線まで紹介する。

プログラム

【第1部】12:30~13:50
「セルロースの基礎とナノファイバーの作製」

1. セルロースの基礎
 1-1.バイオマス原料としてのセルロース
 1-2.セルロースの構造
 1-3.セルロースの性質
 1-4.セルロースの化学修飾と産業利用

2.セルロースナノファイバーの作製技術
 2-1.機械的粉砕法
 2-2.バクテリアセルロース
 2-3.再生セルロース繊維利用法
 2-4.化学修飾
 2-5.セルロースナノクリスタル


【第2部】14:00~15:20
「セルロースナノファイバーの樹脂複合化と応用展開」

1. 繊維と樹脂の複合化技術(基礎)
 1-1 複合材料の基礎
 1-2 繊維強化プラスチックの成形方法
 1-3 ナノコンポジット化技術

2. セルロース系高分子複合材料
 2-1 セルロースナノファイバーの利用
 2-2 修飾セルロースナノファイバーの利用
 2-3 セルロース系高分子複合材料の特性

3. セルロースナノファイバー系材料の応用
 3-1 エネルギー関連材料
 3-2 食品・化粧品素材
 3-3 医療材料

≪質疑応答・名刺交換≫


【第3部】15:30~16:30
「リグノセルロースナノファイバーの開発、生産と実用化への取り組み」

1.セルロースナノファイバー開発の経緯

2.セルロースナノファイバー
 1)装置の開発
 2)製造したセルロースナノファイバー
 3)製造したセルロースナノファイバーの特性

3.用途開発
1) プラスチックへの分散
2)ゴムへの分散
3) 塗料への分散
4)消臭セルロースナノファイバー

≪質疑応答・名刺交換≫


 

スケジュール

 12:00~ 受付開始
 12:30~13:50 第1部
 12:50~14:00 休憩
 14:00~15:20 第2部
 15:20~15:30 休憩
 15:30~16:30 第3部