化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

自動運転システムの実現を目指せ!!

エヌ・ティー・エスセミナー

       開催日時:2017年6月22日(木)13:00~16:30
       会  場:乳業会館 3F 会議室
            〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14-19
            

       受講料:43,200円(税込)/1人 ※ 資料を含む

セミナーの趣旨

 ★ 2020年完全自動運転自動車の開発に向け、自動車メーカはじめ異業種のIT業界も巻き込んで、その開発競争が過熱しています。自動運転には、自動車自ら認知・判断・操作する知能化が必要で、そのキーとなる技術が画像認識の高精度化と刻々と変わるリアルな道路情報を伝える「ダイナミックマップ」の開発です。
 ★ 本セミナーでは、まずは自動運転に必要な最新の技術動向について解説し、さらに、実車位置を正確に判断し、刻々と変わるリアルな道路情報を提供できる「ダイナミックマップ」について、その開発状況と活用を紹介します。
 ★ 対象:自動車メーカ、デジタル機器メーカ、ロボット開発メーカ等画像処理システムを研究・開発する研究者・技術者の方々を始め、画像認識用センサを研究・開発する全ての方々。

講 師

名古屋大学 未来社会創造機構  
     特任教授 二宮芳樹

プログラム

● 時 間 13:00~16:30
● 内 容
1. 自動運転の現状
 自動運転は、交通事故、渋滞、環境負荷という自動車の従来課題だけでなく、高齢化、地方過疎などの新たな社会課題への解決策として、さらに自動車の在り方を「所有」から「利用」に変革するものとして期待され、世界中で技術開発競争が行われている。
自動運転技術には従来の運転支援を進化させ、高速道路での自動運転Level2を実現する
アプローチと、一般道路での完全自動運転Level4をめざすアプローチがある。
 本セミナーでは、これらの状況を踏まえ、自動運転の現状と自動車の知能化について解説する。

2. ダイナミックマップとその活用
 自動運転機能をステップアップする手段として、通信技術を活用し、高精度地図上に他車や歩行者などの移動物情報を重畳させるダイナミックマップという枠組が注目されている。自律型の自動運転と比べて、さらに安全、円滑な交通の実現が期待、世界中で技術開発が行われている。
 本セミナーでは、ダイナミックマップの開発状況とその活用の将来像について考察する。

16:30 終了