化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 現在の薬物療法の現状と共に、期待される新規治療薬展望について解説いたします ~

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年5月29日(月)13:00~16:00
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 名古屋大学大学 院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科学 教授  丸山彰一 氏

《兼 任》
 名古屋大学 予防早期医療創成センター 教授

《専 門》
 腎臓

《資 格》
 ・日本内科学会総合内科専門医
 ・日本腎臓学会専門医
 ・日本透析学会専門医
 ・日本リウマチ学会専門医

《所属学会》
 ・アメリカ腎臓学会
 ・国際腎臓学会
 ・日本内科学会
 ・日本腎臓学会
 ・日本透析学会
 ・日本リウマチ学会
 ・日本糖尿病学会

 他受賞、発表論文多数

定 員

 30名

習得できる知識

 〇 CKD診療の実態と課題が理解できる
 〇 腎炎・ネフローゼ症候群診療の実態と課題が理解できる
 〇 末期腎不全診療の実態と課題が理解できる

趣 旨

 慢性腎臓病(CKD)は、本邦では1330万人もの患者がいると想定され、まさに国民病とも言える。病期が進行すると、透析や腎移植といった腎代替療法が必要となる。加えて、末期腎不全に至る前のCKDであっても心臓病や脳卒中を発症する危険性が高まることが明らかになっている。
 しかし、現状ではCKDを治す力のある治療は存在しない。腎炎・ネフローゼ症候群に関しては、治療法が進歩してきているが、感染症死などまだまだ課題は多い。我が国の末期腎不全診療に関しては、血液透析が圧倒的に多く、腹膜透析が極端に少ないという問題が存在する。腎移植はさらに少ない。
 このような腎臓病診療に関わる課題を解決することは我が国の医療における最優先課題のひとつと考える。

プログラム

 1.はじめに
 
 2.慢性腎臓病CKD診療の実態と課題

  2-1 CKD診療を推進する意義
  2-2 CKDの早期発見と専門医への紹介
  2-3 CKDにおける降圧療法
  2-4 糖尿病性腎症の診断と治療
  2-5 CKDに対する新規治療薬開発への期待
 
 3.腎炎・ネフローゼ症候群診療の実態と課題
  3-1 腎炎・ネフローゼ症候群とは
  3-2 腎炎・ネフローゼ症候群の診断と治療
  3-3 腎炎・ネフローゼ症候群診療に関する課題
  3-4 腎炎・ネフローゼ症候群に対する新規治療薬開発への期待
 
 4.末期腎不全診療の実態と課題
  4-1 我が国における末期腎不全治療の実態
  4-2 腹膜透析はなぜ増えないのか?
  4-3 腎移植はなぜ増えないのか?
 
 5.腎臓病診療に関する未来展望
 
 【質疑応答・名刺交換】