化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

自己修復による製品の高付加価値化の実例紹介と今後の展開の予測!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年4月28日(金)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 (独)物質・材料研究機構 先端材料プロセスユニット 一次元ナノ材料グループ
  リサーチアドバイザー 新谷紀雄 氏

定 員

 30名

受講対象・レベル

 商品の高付加価値化や他との差別化を企画している開発担当者、製品のトラブル対策担当の技術者、あらたな消費者ニーズに応える技術・方策を求めている研究者たちを受講対象者として想定しています。

習得できる知識

 ・部材・機器・構造物の自己修復の現状
 ・材料・部材・機器の自己修復方法・メカニズム
 ・製品の高信頼性化・高付加価値化のための自己修復
 ・高分子・コーティングの自己修復の今後の展開

趣 旨

 重要部材に使用されるが耐久性が不十分な高分子材料や表面の傷みが機能や外観を損なうコーティングには自己修復が求められており、研究開発と商品化が積極的に進められている。高分子材料とコーティングの損傷とその自己修復メカニズム及び研究開発の現状と商品化の実例について紹介します。

プログラム

1.自己修復材料の研究開発の経緯と現状
  1.1 米国における宇宙機器・戦闘機用高分子材料の自己修復化
  1.2 ヨーロッパにおけるインフラ・医療用材料・部材の自己修復化
  1.3 わが国における生活快適化のための自己修復コーティングの商品化

2.高分子材料の自己修復とメカニズム
  2.1 高分子材料の損傷生成と自己修復メカニズム
  2.2 高分子材料・複合材料の自己修復の事例
  2.3 高分子材料の自己修復とリサイクル・リユース

3.表面コーティングの自己修復とメカニズム
  3.1 表面コーティングの擦り傷と自己修復メカニズム
  3.2 表面コーティングの切り傷と自己修復メカニズム
  3.3 表面コーティング自己修復の商品化・市場化事例

4.高分子材料・コーティング自己修復・自己クリーニングの潜在ニーズと商品化
  4.1 生活空間の快適さのための表面の自己修復・自己クリーニング化とメカニズム
  4.2 生体材料、貴金属触媒の自己修復化

5.高分子材料・コーティングの自己修復化戦略 
  5.1 修復処理が困難で高価な部材・デバイスの自己修復、高密度デバイスなど
  5.2 多機能部材・コーティングの自己修復、生活支援ロボットの人工皮膚など