化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

分散をコントロールするためには? 性能を発揮するためには?特長と応用について詳しく解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年3月30日(木)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター 博士(工学)
   阿多誠介 氏

【専門】
高分子複合材料、カーボンナノチューブ

【活動】
NEDO「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクトナノ炭素材料の革新的応用材料開発」
ナノ炭素材料の革新的応用材料開発 CNTゴム・樹脂複合材料開発 テーマリーダー(2013-2017)

定 員

 30名

受講対象・レベル

 ・今後カーボンナノチューブを使った実用化を目指す方
 ・今までカーボンナノチューブを使ってもうまく機能を出せなかった方
 ・カーボンナノチューブに興味がある方

習得できる知識

 ・カーボンナノチューブの基礎的な物性
 ・カーボンナノチューブの合成法に関する知識
 ・カーボンナノチューブ複合材料の製法と応用

趣 旨

 カーボンナノチューブは近年、複数の企業において量産化がなされ、扱いやすい材料になってきています。特に、ゴムや樹脂との複合材料が今後のカーボンナノチューブ産業の担い手になっていくと予想されています。本講座では、カーボンナノチューブ開発の肝となる分散、複合化の手法および複合材料の特性とその応用について説明を行います。

プログラム

1.カーボンナノチューブとは何か?
  1-1 カーボンナノチューブの基礎物性
  1-2 現状におけるカーボンナノチューブ産業と各社の特長

2.分散と評価
  2-1 カーボンナノチューブ分散のポイント
  2-2 カーボンナノチューブ分散評価 
  2-3 新しい評価技術の紹介

3.複合材料の特長
  3-1 ゴム複合材料の製造法と特長、応用
  3-2 樹脂複合材料の製造法と特長、応用
  3-3 他のフィラーとのハイブリッド
  3-4 今後のカーボンナノチューブ産業のトレンド予想
  3-5 まとめ