化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 未然防止活動を見直そう!!~

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年3月16日(木)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 CS-HK 代表 上條 仁 氏

<専門>
発明的問題解決法 (TRIZ)  品質機能展開 (QFD)  デザインレビューの効率化  故障モード影響解析 (FMEA・DRBFM)  不良の木解析 (FTA)
品質マネージメントシステム指導 (ISO9001・ISO/TS16949)

<略歴>
1983年 :㈱日立製作所入社  日立工場パワーデバイス開発センタにて電力用半導体設計開発
1997年 :半導体グループ汎用半導体事業部・自動車用半導体設計開発
1998年 :半導体グループ品質信頼性保証本部ISO9001/QS9000事務局
    品質機能展開 (QFD) にて日立全社普及展開活動推進
2002年 :㈱日立製作所を退社し、コンサルタントスタート、

定 員

 30名

習得できる知識

 ・FMEA・DRBFMのあるべき姿、本来の未然防止に役立つやり方
 ・効率良い、やりやすいFMEA・DRBFMの実施方法

趣 旨

 不良や事故・故障などの未然防止の道具としてFMEA・DRBFMがありますが、単にデザインレビューの資料としてコピーペーストして作成することや、顧客要求のために後付けで作成しているなどを含め、そもそもの使い方を間違っていることが散見されます。
 FMEAとは、トヨタ流の未然防止手法のDRBFMとは、そして未然防止とは、それらをはっきりと理解することが必要です。
「FMEAをやっているのだけれども効果があがらない」という声もよく聞きます。「過去の事故や不良についてFMEAに記載している」といった間違った認識もあります。重点化できずに広く浅いことや、実施時期も適切でないことから効果がでていないこともあります。本来のあるべき姿、効率良い実施方法について事例を通し解説します。
 FMEAの効率化として、インタビューFMEAを提唱しています。日刊工業新聞社の月刊誌「機械設計」にて2016年5月号から9月号まで連載、その内容も含め、解説します。
 本当に役に立つ、やってよかったというFMEAやDRBFMを効率よく実施しましょう。

プログラム

1.未然防止活動
 1-1.そもそもの未然防止とは
 1-2.未然防止の区分けの必要性
 1-3.故障予測と再発防止
 1-4.FMEA・DRBFMがうまくいかない理由、事例
 1-5.未然防止活動に有効な道具
 1-6.効率的な未然防止活動の適用時期
 1-7.重点化実施するには
 1-8.インプットの明確化のため

2.FMEA・DRBFMの作成
 2-1.設計FMEAと工程FMEA
 2-2.FMEA作成手順
 2-3.効率良いFMEAの作成、インタビューFMEAの活用
 2-4.FMEAとDRBFMについて

3.DRでの有効活用
 3-1.本来のDRとは
 3-2.DRの誤解
 3-3.DRの分類、明確化
 3-4.DRの効率化による未然防止の有効活用とは

4.FMEA演習:おかしなFMEAやDRBFMから学ぶ見方考え方

​<質疑応答・名刺交換>