化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

★ ExcelがインストールされたWindowsパソコンをご持参下さい

トリケップスセミナー

     開催日時:2017年4月24日(月)10:30~16:30
     会  場:オームビル  → 会場へのアクセス 
          〒101-8460 東京都千代田区神田錦町3-1
     参 加 費:お1人様受講の場合 47,000円 (税別/1名)
          1口(1社3名まで受講可能)でお申し込みの場合 57,000円 (税別/1口)

講 師

荒川俊也(あらかわとしや)氏
愛知工科大学 工学部 機械システム工学科 教授(博士(学術))

<略歴>
 2001年 早稲田大学 理工学部 機械工学科 卒業
 2003年 東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 博士前期課程 修了
 2003年4月~2013年2月 富士重工業㈱ スバル技術研究所 勤務
 2008年~2012年 総合研究大学院大学 複合科学研究科 統計科学専攻 博士後期課程修了,博士(学術)
 2012年10月~2013年3月 情報・システム研究機構 統計数理研究所 外来研究員
 2013年3月 政策研究大学院大学 契約職員
 2013年4月 愛知工科大学 工学部 機械システム工学科 准教授 兼 情報・システム研究機構 融合プロジェクト「超大容量ゲノム・多元軸表現型データの統計情報解析による遺伝機能システム学」 共同研究員
 2016年4月 愛知工科大学 工学部 機械システム工学科 教授
 現在に至る

<学会、委員>
 自動車技術会,日本機械学会,計測自動制御学会,ヒューマンインタフェース学会,精密工学会,産業応用工学会 会員
 2003年~2006年, 2012年~2013年 自動車技術会 ドライバ評価手法検討部門委員会 委員
 2013年~ 自動車技術会 ヒューマンファクター部門委員会 委員
 2014年~ 愛知県ITS推進協議会 特別会員(学識)

<受賞歴>
 2014年 産業応用工学会 優秀論文発表賞
 2015年 産業応用工学会 2014年度論文賞

セミナーの概要

 統計の知識を実務で使う可能性がしばしばあるものの,高校や大学で統計をあまり学んで来なかった方からすると,統計は敷居が高いと感じる人もいるかと思います.
 本講義はエンジニアにとって必要な統計の最低限の知識を習得することに特化して,「尺度」「ばらつき」「t検定」「回帰分析/重回帰分析」を中心に学ぶ講義です.主に座学が中心ですが,最後にExcelによる簡単な演習を行います.また,エンジニアを対象としているため,数式も細かく説明することで,理解を深めることを狙いとします.

講義項目

 1 なぜ統計が必要か?~平均を取るだけで良いのか?

 2 統計で用いる尺度の種類
  2.1 なぜ「尺度」を考えなければならないのか?
  2.2 尺度の種類

 3 ばらつきについて
  3.1 平均と分散,標準偏差
  3.2 平均値,標準偏差を使うメリット
  3.3 ヒストグラムの必要性

 4 正規分布
  4.1 正規分布とは?
  4.2 標準正規分布とは?

 5 t検定について
  5.1 検定とは何か?
  5.2 さまざまな検定手法
  5.3 t分布とは
  5.4 t検定とは
  5.5 帰無仮説と対立仮説

 6 相関係数
  6.1 相関係数とは
  6.2 相関係数の罠

 7 回帰分析/重回帰分析
  7.1 回帰分析とは
  7.2 重回帰分析とは
  7.3 シンプソンのパラドックス

 8 Excelによる演習
  8.1 t検定
  8.2 相関
  8.3 重回帰分析

 7 まとめ