化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 潰瘍性大腸炎を中心に診断、治療薬に関する医療ニーズを探る! ~
患者数の増加にともない、診断、治療、管理への流れや現在の問題点、今後の課題を解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年1月25日(水)13:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

東京女子医科大学消化器病センター 消化器内科 助教 伊藤亜由美 氏

定 員

 30名

趣 旨

 近年、炎症性疾患は急激なスピードで増加している。そのため、一般診療でも遭遇するcommon disease である。患者の増加につれ診断、治療もここ10年で進歩している。
 本セミナーでは診断、治療、管理への流れ、現在の問題点、今後の課題について学習する。また自身での経験症例などもおりまぜ、臨床の現場からの意見、課題などにも触れ、知識の理解を図ろうと考えている。
 理解を高くするために簡便な言葉でのセミナーが出来ることを目標にあげております。ぜひ、炎症性腸疾患の入門編としてご参加ください。

プログラム

 1.はじめに
  1-1 背景
  1-2 疫学

 2.炎症性腸疾患とは
  2-1 定義

 3.炎症性腸疾患を診断する
  3-1 臨床的診断
  3-2 内視鏡的診断

 4.炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎)の治療
  4-1 基本薬の説明
  4-2 既存治療(5-ASA,PSL,ED,CAP
  4-3 免疫調整薬、免疫抑制剤(AZA&6-MP、CsA/TAC)
  4-4 生物学的製剤(IFX,ADA,IFX-BS)    

 5.炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎)の問題点(若年者、妊娠、高齢者)

 6.炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎)の今後