化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

長期的な仕事と短期的な仕事の両立!予定外の仕事への対策!チーム全体の効率化! などタイムパフォーマンスを高める考え方と手法を伝授!!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年1月24日(火)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

有限会社ビズアーク 時間管理術研究所 取締役社長 水口和彦 氏
(時間管理コンサルタント)

≪略歴など≫
 大阪大学大学院理学研究科修士課程修了。
 住友電気工業㈱にて研究開発・生産技術・品質管理エンジニアとして勤務。開発部門では年産数百万台の自動車に装着される大ヒット製品を開発。このエンジニア時代に数々の時間管理手法を試し、試行錯誤の結果、残業を大幅に減らすことに成功。手間をかけず継続しやすい時間管理の手法が好評を博し2006年に独立。
 現在は数少ない「時間管理専門」の講師として、数百の企業や団体で研修や指導を行っている。
 また、独自の時間管理手法は早稲田大学エクステンションセンター、産業能率大学通信講座、㈱アイ・イーシー、㈱ネットラーニングのカリキュラムにも採用されている。
 『部下を持つ人の時間術』(実務教育出版),『時間活用術』(産業能率大学出版部)など時間管理に関する著書を10冊執筆。メディア出演、執筆も多数。

定 員

 30名

習得できる知識

 ・無理せず実践できる「計画の立て方」
 ・予定外の仕事にも柔軟に対処する「実行方法」
 ・実績を自覚し改善につなげる「ふり返りの方法」
 ・時間管理手法のチームワークへの応用
 ・デスクワークの「時間のムダ」を減らす効率化手法

趣 旨

 短いリードタイムでの開発が求められるなか、技術者、研究者の仕事はあわただしいものになりがちです。「落ち着いて考える時間がない」という人も多いです。しかし、同じ仕事でも、計画の立て方や実行の仕方で、仕事の効率やストレスの感じ方は大きく変わります。
 この講座では、実践しやすいと評判の時間管理手法を、技術者、研究者向けに紹介します。また、チームの効率化やデスクワークの効率化に役立つ手法も紹介します。

プログラム

1.タイムマネジメントとは
 1-1.なぜ「タイムマネジメント」が必要なのか?
 1-2.タイムマネジメントとは?
 1-3.スケジュール管理からタイムマネジメントへ

2.効果的なタイムマネジメントの手法
 2-1.時間の「見える化」 : アポイントメント管理
 2-2.仕事の「流れ」をつくる: タスク管理
 2-3.タスク管理を成功させるポイント
 2-4.「予定外の仕事」による問題点と対策
 2-5.「仕事の流れ」と「仕事量」をつかむ
 2-6.手軽にできる実績の記録
 2-7.行動パターンを変えよう

3.タイムマネジメントの応用
 3-1.チーム全体の効率を改善するには?
 3-2.「仕事の優先順位」のいろいろ
 3-3.長期計画の効果的な整理
 3-4.逆ホウレンソウ:負担にならない進捗管理
 3-5.チームの連携を高める「5分間ルール」
 3-6.タイムパフォーマンスを高める

<質疑応答・名刺交換>