化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ DCF法、ディシジョンツリー法、リアル・オプション法などによる事業価値評価 ~
製品ライフサイクルのステージごとの戦略とは?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年1月20日(金)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

専修大学 商学部 教授 博士(学術) MSc.inMOT 高橋義仁 氏

ご専門:
 経営戦略論などの講義を受け持つほか、創薬研究開発の生産性向上に関する研究を実施。アジア市場経済学会会長。文部科学省知的クラスター創成事業(神戸医療産業都市)専門委員、科学技術振興機構復興促進プログラム専門アドバイザー、東北経済連合会ビジネスセンター・ディレクター等、公的機関の委員を歴任。日本コンペティティブ・インテリジェンス学会副会長、国際戦略経営研究学会理事、Strategy and Competitive Intelligence Professionals (SCIP)(正会員)などの役職を併任。

定 員

 30名

趣 旨

 研究開発の事業価値を評価するための方法(技術)であるDCF法、ディシジョンツリー法、リアル・オプション法などについて解説する。また、多角化企業の事業優先順位づけや新事業・新製品開発に有用である事業ポートフォリオや製品ポートフォリオと呼ばれる思考法を解説する。

プログラム

 1.製薬プロジェクトにおける採算性算出のスタンダード
  ・プロジェクト評価に使われるツール~NPV、ディシジョンツリー
  ・オプション価値とは何か~オプション理論(リアル・オプション)
  ・ツールでの価値算定を困難にする要因

 2.オーファンドラッグの市場性の特徴と判断に与えるエラー
     (ケース・スタディー)

  ・研究開発型製薬企業の意思決定の現況
  ・高度分業制、オープンイノベーションとの関連
  ・プリンシパル=エージェンシー関係との関連
  ・オープンイノベーションとの関連

 3.製品ライフサイクルと製品ポートフォリオ・マネジメント
  ・ライフサイクルの4つのステージ(導入期・成長期・成熟期・衰退期)
  ・ステージごとの戦略
  ・ライフサイクルの視点から企業成長に必要なこと
  ・市場成長率の考え方
  ・シェア(相対シェア)の考え方
  ・ポートフォリオ・チャートの作り方
  ・ポートフォリオの4つの象限
  ・ポートフォリオ・マネジメントの戦略枠組み
  ・事例を見ながらポートフォリオ・マネジメントを考える
  ・あなたの企業の製品および事業ポートフォリオは?