化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 部下から頼られるリーダになる人間力醸成のコツ ~

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年11月28日(月)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第4展示室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

ヒューマン&クオリティ・ラボ 代表 関 弘充 氏
 (元 富士通㈱ 主席部長&シニア品質Director)

 富士通では、ソフトの検査部門&システム開発部門において、数々の大規模システム開発に従事(途上(財)未来工学研究所主任研究員)。近年、品質改善に従事し(主席部長、品質保証部長)、SI分野で日本初のCMMレベル5を達成し社長賞及び品質賞を受賞。定年後も人材開発部門において、プロの育成並びに品質改善コンサルに約7年従事。特に「人間力醸成」を基盤にした「品質改善活動」や「人材育成」に注力し、社内外において2万人以上の方々への幅広い指導経験を保有。退職後の現在、各種セミナー、講演、コンサルに継続従事。

定 員

 30名

習得できる知識

 人を動かす仕組みの考案方法、人を動かすコツ、人間重視のマネージメントのコツ、アサーション(注1)、EQ(注2)リーダシップなど。

(注1) 心理学的なコミュニケーションパターンの一つ
(注2) EQ(Emotional Intelligence Quotient ):心の知能指数(多くの心理学者が提唱)

趣 旨

 厳しい変革の波に企業経営がさらされている現在、世の中に貢献できる『わくわく』感あるサービスや製品をどのように生み出すかが企業戦略の要になってきています。その実現のためには、「部下を強引に牽引する」従来型のリーダよりも、「部下の人間力の発揮を促し成果を上げる」次世代型のリーダが求められます。「わくわく」感の乏しい企業集団からは、価値あるサービスや製品は生まれて来ないだけでなく、ミスやリコール問題が発生しやすくなり企業生命を左右しかねないのです。
 本セミナーでは、「どのようにすれば部下を動機付けして動かすことができるのか?」、「部下を動かすためのマネージメントの仕組考案のコツ」ならびに「部下から頼られるリーダになるためのコツ」等について演習を交えてお伝えいたします。
 講師は、多くのプロジェクトのマネージャ経験やSI分野で日本初のCMMレベル5を達成した経験を有しており、多くの企業や大学院などにおいて、約2万人以上の方々への幅広い指導を行ってきております。

* Capability Maturity Model and CMM are registered in the U.S. Patent and Trademark Office.

プログラム

第1章 会社人生とリーダシップ
  1.「会社人生」と「自律型人材」
  2.「将来のリーダ像」
  3.人間のタイプと人間力重視型リーダ

第2章 「わくわく」感と人間力醸成の構図
  1.組織活動とヒューマンファクター
  2.「わくわく」感と人間力醸成の構図

​第3章 人間関係の向上とリーダシップ
  1.部下との関係を向上させるアサーション(注1)
  2.相手の潜在能力を引き出すコーチング

第4章 人間力醸成と人を動かすコツ

第5章 人を動かすマネージメントの仕組考案の事例
  1.リスク意識の高い集団とリスク管理
  2.ヒューマンエラー防止と「改善マインドの醸成」

第6章 人を動かすリーダシップ・ワークショップ
  1.モチベーション・キラーとEQリーダシップ(注2)
  2.リーダのための心理学的EQリーダシップ

第7章 人間力醸成自己診断

第8章 「わくわく」感を生み出すリーダと「自己啓発」のポイント

 *一部、演習を交えて実体験いただき、理解の促進に努めます。