化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 日本/中国/香港/台湾/韓国/タイ/インドネシアなど ~
東アジア各国の食品・食品添加物規則への適合性判定方法とは?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年11月21日(月)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

篠原技術士事務所 所長 篠原正美 氏

<ご専門>
 食品開発、食品添加物開発、食品衛生管理、海外食品規則

<ご経歴>
 1970年~2008年 食品会社にて食品添加物開発研究、食品開発、化成品開発、食品衛生管理、などに従事。
 2008年4月 技術士登録(農芸化学)技術士事務所設立
 2008年~2010年 欧州復興開発銀行専門家としてモンゴル食品会社健康食品開発支援 
 2009年~2014年 JETRO専門家としてミャンマー食品規則つくり及び衛生管理指導
 2008年~現在 食品開発、海外基準適合性判定、中小企業開発支援。

定 員

 30名

習得できる知識

 国際基準であるCODEX,JECFAの食品・食品添加物規制内容及び東アジア各国の食品・食品添加物規則への適合性判定方法。

趣 旨

 多国間FTAなど国際的なハーモナイゼーションが求められる中での食品貿易の仕組みを知り様々なケースへの対応力を身につける。
 国際基準、各国基準の構成を知り基準適合判定を容易にする。

プログラム

 1.食品輸出と多国間FTA
  1)各国の食品貿易   
  2)世界の主な多国間FTA   
  3)食品貿易における基本ルール   

 2.東アジア主要国食品規則と添加物基準
  1)日本の食品添加物基準 の確認   
  2)CODEX基準と食品添加物    
  3)中国の食品規則と添加物基準    
  4)香港の食品規則と添加物基準   
  5)台湾の食品規則と添加物基準   
  6)韓国の食品規則と添加物基準   
  7)タイの食品規則と添加物基準
  8)インドネシアの食品規則と添加物基準   

 3.食品衛生の要求 
  1)アメリカの規制強化により強まる衛生管理
  2)各国の食品衛生要求 

 4.その他注意点
  1)賞味期限の長期化
  2)冷凍可能な加工食品