化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

自動車の低燃費化と環境性能向上を目指せ!

エヌ・ティー・エスセミナー

       開催日時:2016年12月6日(火)13:00~16:30
       会  場:オーム社・第2ゼミルーム
             東京都千代田区神田錦町3丁目1番
            
       受講料:43,200円(税込)/1人 ※ 資料を含む

セミナーの趣旨

 ★ 自動車において唯一地面と接しているのがタイヤであり、その接地面の状態とタイヤの力学特性を理解することは、エネルギー損失を低減するだけでなく、環境性能向上・信頼性向上さらに低燃費化に貢献します。しかしながら、その接地面の状態を理論的に予測するのは非常に困難であり、現状のタイヤ開発では時間・費用ともにハイコストな実験に頼らざるを得ません。
 ★ 本セミナーでは、タイヤの構造力学の基礎からその制動評価を体系的にご講演いただきます。さらに、摩耗、転がり抵抗から導かれる次世代低燃費タイヤ開発について事例紹介もいたします。
 ★ 対象:タイヤをはじめゴム製品の製造メーカ及びその材料メーカ、要素部品を扱うメーカの研究、開発、技術、設計部門の技術者の方々、さらに道路設計に携わる技術者。

講 師

㈱知能自動車研究所 代表取締役 山崎俊一

<講師プロフィール>
1976年 修士課程終了後、一般財団法人日本自動車研究所に入所。
    32年在籍中、タイヤの力学的研究、交通事故解析などの研究を実施。
1988年 タイヤの構造力学的研究にて博士学位授与
2006年 自動車技術会フェロー会員認定
2002年 国立金沢大学工学部 自然科学研究科 客員教授(現在外部講師)
2008年 ㈱知能自動車研究所設立 代表取締役

プログラム

● 時 間 13:00~16:30
● 内 容

1. タイヤの構造力学の基礎
・タイヤの断面形状理論とタイヤ性能などについて述べる。

2. タイヤの制動・コーナリングの力学モデル
・ブラシモデルによるタイヤの運動性能について述べる。

3. タイヤの制動性能に対する構造力学的考察
・ABS自動車の制動性能向上させるタイヤの構造について述べる。

4. 自動車のアライメントと摩耗及び転がり抵抗について
・アライメントの適正状態と摩耗及び転がり抵抗について述べる。