化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~液晶(LCD)・有機EL(OLED)・量子ドット・マイクロLED、他の競い合い~

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年11月8日(火)12:30~16:30
       会  場:滋慶医療科学大学院大学 9F 講義室1  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

テック・アンド・ビズ㈱ 代表取締役 北原洋明 氏

定 員

 30名

習得できる知識

 ディスプレイの技術動向と今後のビジネスに対する判断

趣 旨

 ディスプレイ新技術を中心にした将来動向をお話しします。

プログラム

1.イントロ:ディスプレイ産業の流れを俯瞰する
 1-1.「OLEDのラッキー7」
 1-2.ディスプレイの両輪(2つの価値)
 1-3.ビジネスモデルの変曲点を超えた産業の方向
 1-4.New FPDの時代-ディスプレイは無くなる!?

2.ディスプレイ製品の進化を支える技術の最新動向
 2-1.「AppleのOLED採用」が枕詞に
 2-2.製品と技術が乖離したOLED
 2-3.衰えていなかったLCD技術のスピード
 2-4.第二フェーズに入った量子ドット(QD)
 2-5.どこでもディスプレイはもっと進化する
 2-6.2020年を見据えた真の破壊的技術μ-LED

3.今後の製造と市場の鍵を握る中国の動向
 3-1.中国の巨大LCD投資がOLEDシフトを引き起こした
 3-2.中国の巨大OLED投資が次に引き起こす地殻変動
 3-3.部材~セットまでのサプライチェーンの行方
 3-4.逆転のシナリオ

4.まとめ
 4-1.OLEDへの加速かLCDへの揺り戻しか
 4-2.QLEDはOLEDを超える
 4-3.LEDがディスプレイ進化の鍵を握っていた
 4-4.2020年代のディスプレイ技術と産業

【質疑応答・名刺交換】