化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

繊維とマトリックスの接着技術が繊維の開発に伴って、変遷していく状況を詳細に解説! 将来の接着技術の動向を考察する! 生産管理にも触れる!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年10月24日(月)12:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第6展示室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

高田技術コンサルタント事務所 代表 工学博士 技術士(繊維) 高田忠彦 氏
【専門】
高分子(繊維)の表面処理、表面改質、繊維とゴムの接着技術
【略歴】
元帝人㈱、広島大学工学研究科、産学連携センター元教授
高分子学会フェロー、JST産学連携アドバイザ

定 員

 30名

趣 旨

 ゴム/繊維複合材料(タイヤ、ベルト、ホースなど)にでは、補強繊維とゴムの接着性が重要な役割を果たしていることはよく知られている。本セミナーにおいては、補強繊維として汎用的に使われているレーヨン、ナイロン、ポリエステル繊維、高性能繊維として期待が大きいアラミド繊維やカーボン繊維のゴムに対する接着技術について、接着理論の基礎含めて、現状と今後の動向を含めて解説する。

プログラム

1.はじめに
  1-1 研修の狙い
  1-2 ゴム/繊維複合材料の接着の役割

2.接着理論
  2-1 接着の基礎(濡れ性、溶解度指数)
  2-2 接着の基礎理論

3.補強繊維の概要と表面
  3-1 ゴム補強繊維の概要
  3-2 ゴム補強繊維の表面

4.繊維/ゴム接着技術開発経緯
  4-1 接着技術の概要
  4-2 RFL接着技術

5.各種繊維の接着技術
  5-1 レーヨン・ナイロン繊維の接着技術
  5-2 ポリエステル繊維の接着技術
  5-3 アラミド繊維、ガラス繊維等の接着技術

6.接着加工技術生産管理

7.接着評価法

8.将来の接着技術