化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

インサート成形の基礎から、樹脂製品開発に不可欠な材料、設計、金型、成形の各要素技術の観点から事例を交えて解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年10月21日(金)12:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

大塚技術士事務所 所長 大塚正彦 氏

<ご専門>
ローコスト・超精密プラスチック製品・金型設計開発、成形生産技術開発、品質工学を活用した生産性改善、CEによる製品開発

<学協会等>
日本技術士会、型技術協会、プラスチック成形加工学会、販路コーディネーター協会

定 員

 30名

受講対象・レベル

 1.プラスチック射出成形製品の設計・開発担当者(初心者~中級者)
 2.プラスチック射出成形金型設計担当者(初心者~中級者)
 3.プラスチック射出成形生産技術者(初心者~中級者)

習得できる知識

 ・インサート成形の原理、種類、特徴
 ・インサート成形品の設計、材料選定、金型設計・製作、成形時の留意点
 ・少量~中量生産用簡易金型における精密インサート成形適用時の留意点
 ・インサート部品(金属、ガラス(非強化、強化))と樹脂との接合構造
 ・イメージセンサー、スマートフォン、タッチパネルなどへのインサート成形適用事例

趣 旨

 プラスチック製品の高付加価値化のためにインサート成形が採用され、黄銅、ステンレスなどの異材質部品と樹脂の一体化により、部品点数削減、組立工数の低減、コストダウン、薄型化などに貢献してきた。
 しかし、製品の防塵・防水性確保、軽量化、品質安定化など顧客ニーズの更なる高度化に対応すべく、インサート部品と樹脂との接合面の強固な密着性を実現するインサート技術が開発され様々な製品に適用されつつある。また、情報化社会の急速な進展の下、スマートフォンなどの情報端末においては、高級感を創出するガラスを使用したインサート成形の開発・実用化も進んでいる。

 本講座では、インサート成形の基礎、インサート成形製品開発時において、実製品の事例を参考に、樹脂製品開発に不可欠な(1)材料、(2)製品設計、(3)金型、(4)成形の各要素技術の観点から留意点を概説する。
 さらに技術動向として、複数の異種素材のインサート成形などについて、サンプル開発事例、タブレット端末への適用可能性について言及する。

プログラム

1.インサート成形とは?
  1-1.インサート成形の基礎
  1-2.アウトサート成形との相違
  1-3.インサート成形技術開発の背景、原理、留意点

2.インサート成形製品開発について
  2-1.インサート成形の種類・適用製品例
    【ネジ、フィルム、リードフレーム(短冊)、フープ、ガラス、金属プレート】
  2-2.インサート成形品材料、設計、金型設計、成形、品質確認時の留意点

3.インサート部品と樹脂との接合構造
  3-1.インサート部品と樹脂との接合方法
  3-2.金属と樹脂との接合構造・強度
  3-2.非強化ガラス・強化ガラスと樹脂との接合構造・強度

4.ガラスインサート成形・製品化事例【イメージセンサー】
  4-1.製品開発フロー、要求仕様
  4-2.製品設計(インサート構造、反り解析、強度解析)
  4-3.成形材料、金型設計(強度解析)・製作
  4-4.成形、品質保証
  4-5.不良内容・対策

5.技術動向
  5-1.曲面ガラス/樹脂のインサート成形
  5-2.ガラス/樹脂/金属のインサート成形
  5-3.スマートフォンのガラスインサート成形
  5-4.狭額縁タッチパネルのインサート成形