化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

高分子の分子構造ついての基礎知識と最新の分析手法による評価法について詳しく解説する!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年10月5日(水)10:30~16:00
       会  場:ウインクあいち 11F 1105  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授 博士(理学) 中沖隆彦 氏
《専門》
  高分子、分子構造、フィルム
《略歴》
  1992年3月 大阪大学 理学部 高分子学科 博士課程(博士(理学))
  1992年10月 龍谷大学 理工学部 物質化学科 助手
       (専任講師、助教授を経て)
  2005年4月 龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授
《活動等》
  高分子学会関西支部常任幹事(2009-2014)
  第62回高分子年次大会(京都)運営委員(2013年)
  高分子学会・高分子若手技術講習会主担当(2010-2012年)
  高分子学会・高分子の基礎と応用講座「高分子分析」担当(2013年―)
  プラスチックフィルム研究会(高分子学会)運営委員(2012-)
  固体NMR材料フォーラム運営委員(1994-2015)
  「高分子赤外・ラマン分光」(KS化学専門書2015年刊)分担執筆

定 員

 30名

習得できる知識

 ・高分子の結晶とモルフォロジーについての基礎知識
 ・立体規則性や結晶化度などの基礎知識
 ・固体高分解能NMR、熱分析などの詳細な基礎知識と応用例
 ・高分子材料のキャラクテリゼーション(結晶化度、立体規則性)

趣 旨

 高分子材料は工業用途、日常用途として幅広く用いられている。しかし新規材料を開発するときあるいは材料の物性改善を行う時には、開発方針を立てる必要があります。そのためには詳細な分子構造解析を行う必要があり、分析手法ばかりでなく高分子構造の知識を修得することが必要不可欠です。本講座では高分子の分子構造ついての基礎知識と最新の分析手法による評価法について詳細に述べます。その結果、材料開発、物性改善に役立つヒントが得られることを期待しています。

プログラム

1.高分子の結晶と高次構造
 1)分子量分布
 2)房状ミセル、ラメラ、球晶
 3)相構造(結晶、非晶、中間相)

2.キャラクテリゼーション
 1)GPCによる分子量測定の原理と注意点
 2)粘度法、光散乱法による分子量決定
 3)ポリオレフィンの立体規則性の定量

3.結晶化度
 1)熱分析(結晶化度、ガラス転位点、融点とラメラ長の関係)
 2)X線、密度法による結晶化度測定

4.固体高分解能NMR
 1)NMRの基礎
 2)液体測定と固体測定の違い
 3)高周波コイルと90度パルス
 4)マジックアングルスピニング法(MAS法)による高分解能化
 5)交差分極(CP)による強度増幅
 6)縦緩和時間(T1)と横緩和時間(T2)
 7)結晶、非晶、中間相の評価

5.X線による分析
 1)CuKα線
 2)シンクロトロン
 3)円筒カメラ
 4)X線小角散乱(SAXS)と長周期
 5)中性子小角散乱(SANS)との違い

6.赤外分光法による構造解析と定量法 
 1)マイケルソンの回折計
 2)ランベルト・ベールの法則
 3)対称性と因子群解析
 4)吸光係数と定量(架橋度の解析例など)

​≪質疑応答・名刺交換≫