化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~機械学習(DeepLearning等)を用いて、画像解析、データ解析を始める~

トリケップスセミナー

     開催日時:2016年9月30日(金)11:00~16:00
     会  場:オームビル  → 会場へのアクセス 
          〒101-8460 東京都千代田区神田錦町3-1
     参 加 費:お1人様受講の場合 46,000円 (税別/1名)
          1口(1社3名まで受講可能)でお申し込みの場合 56,000円 (税別/1口)

講 師

庄野 逸(しょうのはやる) 氏
  国立大学法人 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 教授(博士(工学))

<ご略歴>
 1992年 大阪大学 基礎工学部 生物工学科卒業
 1994年 大阪大学大学院 基礎工学研究科 物理系専攻 博士前期課程修了
 1994年 大阪大学 基礎工学部 助手
 2001年 奈良女子大学大学院 人間文化研究科 助手
 2002年 山口大学 工学部 助教授 2006年 山口大学大学院 医学系研究科 助教授
 2008年 電気通信大学 電気通信学部 准教授
 2010年 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 准教授
 2015年 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 教授

セミナーの概要

 本講義は、ディープラーニング等の機械学習を用いて、これから画像解析やデータ解析を始めようという技術者の方を対象とした講義を行う予定です。歴史的な背景と基本事項を抑えた上で、実装形態なども含めた形で、データ解析への応用を解説していきます。

講義項目

 1 ディープラーニング概観

 2 ニューラルネットワークの基本要素
  2.1 素子
  2.2 アーキテクチャ
  2.3 学習モデル

 3 ニューラルネットワーク解説
  3.1 第2期主力アーキテクチャ
   3.1.1 Perceptron
   3.1.2 DCNN(Neocognitron)
   3.1.3 Boltzmann Machine
  3.2 第3期主力アーキテクチャ
   3.2.1 DCNN
   3.2.2 RBM
   3.2.3 DNN

 4 ディープラーニングが受け入れられた理由

 5 ディープラーニングパッケージ紹介
  5.1 Caff
  5.2 Chainer
  5.3 Pylearn2

 6 DCNNの医用応用事例