化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

流体力学を学んでこなかった、再度学び直したい、業務や研究で流体力学を必要としている方はぜひご参加下さい!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年9月30日(金)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

工学院大学 工学部 機械工学科 教授 工学博士 伊藤慎一郎 氏

<ご専門>
流体力学,スポーツ流体力学,生物流体力学

<学協会>
日本機械学会,日本流体力学会,可視化情報学会,エアロアクアバイオメカニズム学会

<ご略歴>
◎1979年東京大学工学部機械工学科卒業,1981年東京大学工学系研究科機械工学専門修士課程修了,1986年東京大学工学系研究科舶用機械工学専門博士課程修了
◎エアロアクアバイオメカニズム学会前会長、日本機械学会スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス部門前部門長、日本機械学会流体工学部門元運営委員、元講習会担当WG委員長、可視化情報学会前理事
◎日本機械学会正員(フェロー)

定 員

 30名

受講対象・レベル

 ・流体力学、流体現象を理解したい方
 ・流体解析を行っている方
 ・管路径の損失について知りたい方

習得できる知識

 ・流体力学の基礎知識
 ・ベルヌーイの定理、レイノルズ数
 ・抗力と揚力、渦度と循環
 ・運動量の法則

趣 旨

 流体力学は、機械・航空・土木・船舶・建築・化学工学などの工学分野、また物理・気象・海洋・天文などの理学分野、さらに医学・生物学・農学分野で広く利用されています。本講座では、ベルヌーイの定理、運動量の法則などの流体力学の基礎学理を中心に幅広く習得できるよう配慮しています。本講座は流体力学の基礎講座であり、上記の流体力学が関わる全ての分野で、これまでに流体力学を学んでこなかった、もしくは再度学び直したい、あるいは十分に習得できていないが業務や研究で流体力学を必要としているすべての方を対象に、流体力学の基礎から応用の初歩に至るまでを効率的に習得したいとお考えの方の参加をお待ちしております。

プログラム

1.はじめに~流体力学とは~

2.流体力学の基礎知識
  2-1.力学としての単位系の確認
  2-2.流体の性質一般,圧力,粘性力,浮力
  2-3.流線形と抗力、エネルギー、レイノルズ数
  2-4.層流と乱流、レイノルズ数と抗力の関係

3.ベルヌーイの定理とエネルギー保存
  3-1.ベルヌーイの式3態
  3-2.ベルヌーイの式の応用:ピトー管、ベンチュリ管

4.管内流れ(ベルヌーイの定理の応用)
  4-1.助走区間内の流れ
  4-2.管摩擦損失
  4-3.層流、乱流、荒い円管、ムーディー線図
  4-4.円管以外の管摩擦損失
  4-5.管路の諸損失
    4-5-1.断面積の急変:広くなる場合、狭くなる場合
    4-5-2.管路入り口
    4-5-3.絞り
    4-5-4.断面積が緩やかに変化する場合の損失:広がり管、細まり管
    4-5-5.流れの方向が変化する場合の損失
    4-5-6.ベンド、エルボ
    4-5-7.分岐管と合流管
    4-5-8.弁とコック
    4-5-9.揚水:水馬力、軸馬力
    4-5-10.管内流れの演習

5.抗力と揚力
  5-1.圧力抗力CDと摩擦抗力Cf、、抗力係数
  5-2.揚力の発生
  5-3.循環Γと揚力の関係
  5-4.2次元翼と3次元翼
  5-5.渦度γ

6.流体の運動量の法則
  6-1.管路にかかる流体力、反作用
  6-2.曲がり管にかかる流体力
  6-3.噴流による流体力
  6-4.噴流によって物体が動く場合の流体力
  6-5.プロペラの推力
  6-6.翼に働く作用と反作用:揚力

7.まとめ