化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

これから分析装置を使いたいが使い方や原理が知りたい! 分析装置を使ったが、もっとうまく使うには?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年9月26日(月)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

米森技術士事務所 代表 博士(工学) 技術士(化学部門) 米森重明 氏
【専門】
分析化学、材料化学
【活動】
環境計量士、産業技術総合研究所客員研究員、早稲田大学招聘研究員、東京農業大学・東京工芸大学非常勤講師、(元旭硝子)

特 典

 「化学分析・評価の現場実務」 米森重明著 2015年10月刊を受講者全員にお渡しします

定 員

 30名

受講対象・レベル

 初心者向け。これから分析装置を使用しようとする方、機器を操作したがもう少しうまく活用したい方、部署を異動してこれまでとは異なる分野の分析装置を使われる方や、これから研究開発や品質保証を行うために広く分析技術を習得したい方、などを対象とします。

習得できる知識

 ・機器分析装置の簡単な原理と利用の仕方
 ・機器分析装置の実用的な活用法
 ・分析サンプルの取り扱い方
 ・機器分析に必要な分析化学的な知識(pH、酸化還元など) など

趣 旨

 これから機器分析を始めようとする方に対して、装置を実際的に利用できるように、ブラックボックス化している現在の分析装置の簡単な測定原理、および何にどのように機器分析装置を適用したらよいかを全体を網羅しながら解説します。また化学が専門でなくても機器分析に必要な分析化学的な項目を必要な範囲に限って簡単に紹介します。
受講後には以下のようなケースでも困らずに機器分析の活用が可能になります。
 ・実際の現場でいかに分析するか(実用的な分析)
 ・どの分析装置でどの順番に分析するか
 ・保有している分析装置のみでいかにアプローチするか
 ・外部を含めて、どのように分析結果を出すか など
37年間のノウハウ・取り組み方をまとめて伝授いたします。

プログラム

1.機器分析全体をみて
  1-1 機器分析で大事なこと
  1-2 分析サンプルの取り扱い
  1-3 分析のレベルを考えて

2.見る・観る分析
  2-1 まず見ることの重要性
  2-2 形態観察の手法
  2-3 光を使う観察
  2-4 電子などを使う観察

3.分ける・決める分析
  3-1 分ける方法(分離分析の装置と活用法)
  3-2 決める分析(構造解析の装置と活用法)
  3-3 異物の解析
  3-4 有機材料の総合的な解析

4.測る・量る分析
  4-1 無機材料の定量分析
  4-2 有機材料の定量分析
  4-3 微量なものの定量分析

5.その他の分析
  5-1 表面分析の装置と活用法
  5-2 熱分析の装置と利用
  5-3 非破壊・現場での分析装置

6.装置の組合せ
  6-1 複合化された装置の利用
  6-2 保有している装置を組み合わせて

7.まとめと質疑
  7-1 分析装置の全体観と使い方のまとめ
  7-2 抱えている問題への解決法(皆様からのご質問により)