化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

GMPとは何かを一日でマスターしたい人のために分かり易く解説する講座です!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年9月30日(金)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第1会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

医薬品GMP教育支援センター 代表 高木 肇 氏

【ご専門】
 製剤学(特に凍結乾燥製剤)、コンテイメント技術

【ご経歴】
 塩野義製薬㈱にて、経口剤や注射剤などの工業化検討、施設構築プロジェクト遂行、国内外関連会社への技術指導、製造管理責任者など、製剤開発から工場運営に渡る幅広い任務を遂行。
著書に「洗浄バリデーション」、「凍結乾燥のバリデーション」(共著)、「GMP・バリデーション事例全集」(共著)など多数。

定 員

 30名

趣 旨

 GMP関連部署に配属された新人にとって、独力で膨大なGMP関連法規・ガイドを学習することは多大な時間を要し、苦痛でもある。
 本講はGMPを一日でマスターしたい人のために、GMP用語、最新動向、実践にあたっての具体的事例を分かり易く解説する講座である。

プログラム

 1.日本の薬事法体系とGMP省令の概要

 2.医薬品とは

 3.GMPの起源

 4.GMP省令が適用される製造所

 5.製造業者と製造販売業者の関係

 6.構造設備に関するGMPの要請
  6.1 清浄度の設定
  6.2 空調システムへの要請
  6.3 動線の留意点
  6.4 施設専用化の要件
  6.5 適正な内装の材質・仕上げ
  6.6 製造管理と品質管理
  6.7 製造所からの出荷管理
  6.8 衛生管理
  6.9 異物対策
  6.10 防虫対策
  6.11 交叉汚染対策

 7.GMP文書
  7.1 GMPの一次文書、二次文書、三次文書、四次文書

 8.文書管理

 9.変更管理と逸脱管理

 10.品質情報処理、回収管理

 11.自己点検のポイント

 12.教育訓練のポイント

 13.最先端のGMP (PIC/S GMPガイド)の考え方
  13.1 リスクマネジメントと製品品質照査