化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

個別原価計算や損益分岐点分析、収益性判断、品質機能展開(QFD)について、課題や実務上のポイントを分かりやすく解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年9月23日(金)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第1会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

㈱アドライト 代表取締役 木村忠昭 氏
≪略歴・活動など≫
 大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務・法定監査業務などに従事。2008年、株式会社アドライトを創業。経営企画・経営管理・ファイナンスなどの分野における実践的プロフェッショナルサービスを展開している。合わせて、バイオ、IT、小売、環境技術などの業界における役員就任によるハンズオンでのベンチャー支援や、アジアやアメリカなどの海外スタートアップ企業に対する支援も幅広く行っている。
 東京大学経済学部経済学科卒、東京大学大学院経済学研究科修士課程卒。公認会計士。

定 員

 30名

趣 旨

 この講演会では、管理会計を活用した研究開発プロジェクトの実践的マネジメント手法について体系的にお伝えしていきます。具体的には、個別原価計算や損益分岐点分析、収益性判断、品質機能展開(QFD)などのテーマについて、概要や数値例と合わせて実際の研究開発プロジェクトでの課題や実務上のポイントなどについて分かりやすく解説を進めます。実際の研究開発や事業開発のケーススタディーも盛り込み、実務でもすぐに役立つ内容となっております。

プログラム

1.はじめに
 ・プロジェクトマネジメントとは?
 ・研究開発費の重要性

2.個別原価計算
 ・原価計算制度とプロジェクトマネジメント  
 ・個別原価計算の3ステップ
 ・費目別原価計算
 ・部門別原価計算
 ・製品別原価計算

3.管理会計とプロジェクトマネジメント
 ・管理会計の目的
 ・管理会計と財務会計の違い
 ・固定費と変動費
 ・損益分岐点分析
 ・価格設定

4.収益性分析と投資意思決定
 ・回収期間法
 ・投下資本利益率法(ROI)
 ・正味現在価値法(NPV)
 ・内部利益率法(IRR)
 ・特徴、メリット、デメリット

5.品質機能展開(QFD)を活用した新規事業開発
 ・品質機能展開とは
 ・要求品質と機能
 ・研究開発への応用事例

6.ケーススタディ

7.おわりに

【質疑応答・名刺交換】