化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

シール強さとパウチの性能の関係、シール強さの要因、種々のシール不良の原因とその対策を詳解!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年9月16日(金)10:00~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

大須賀技術士事務所 所長 技術士 (社)日本食品包装協会 顧問 大須賀 弘  氏

定 員

 30名

趣 旨

 ヒートシールは古くて新しい問題である。最初にあまり論じられていないシール強さとパウチの性能の関係を解説し、次にシール強さのいろいろな要因についてそれのヒートシール強さへの寄与を解説し、最後に種々のシール不良の原因とその対策を説明したい。

プログラム

1.リコール情報とシール不良

2.ヒートシールに関係した容器包装の規格基準

3.シール強さとパウチ性能
  3-1.袋の耐破裂性
    3-1-1.内圧とシール強さ
    3-1-2.袋パンク試験法
    3-1-3.パンク試験・計算値と実測値
  3-2.袋の耐圧縮性
    3-2-1.圧縮試験とシール強さ
    3-2-2.圧縮試験・計算値と実測値
    3-2-3.破裂試験器
  3-3.袋の耐落袋性
    3-3-1.落下破袋とシール強さ
    3-3-2.落下破袋と破断エネルギー
    3-3-3.二分の一落下高さ
    3-3-4.高速引張りシール部破断
    3-3-5.落下破袋と縦横比
    3-3-6.衝撃伝播速度からの考え
    3-3-7.CSR
    3-3-8.シール部破断エネルギー
    3-3-9.ダート衝撃評価法

4.シール強さの要因

5.ヒートシール強さ
  5-1.シール強さの要因
  5-2.シール強さ測定法(日本、ASTM)
  5-3.シール強さの解釈
  5-4.シール強さとシーラント
  5-5.シール強さと剥離強さ
  5-6.シール強さ温度、湿度、速度依存性
  5-7.シール強さ温度履歴依存性

6.シール条件
  6-1.シール圧
  6-2.シール温度と時間(熱伝導式利用)
  6-3.融解熱測定
  6-4.実際のシール条件
  6-5.空気層の影響

7.シール不良
  7-1.熱間剥離(剥離距離、タック強さ)
  7-2.夾雑物シール性
  7-3.応力集中ポイント

8.シールトンネル
  8-1.シール部のしわの発生
  8-2.アルミ箔入りシールのトンネルチェック
  8-3.トンネルを通してのガス透過
  8-4.シール不良の識別

9.ヒートシール強さ理論の応用例
  ・含気パウチの常圧ボイル殺菌