化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

初心者向けの情報を多く盛り込みますので予備知識は必要なし!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年9月6日(火)10:30~16:30
       会  場:ドーンセンター 4F 中会議室3  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

東亞合成㈱ 名古屋工場 生産技術グループ 佐内康之 氏

定 員

 30名

受講対象・レベル

 ・これからUV硬化樹脂を取り扱う方
 ・硬化阻害で困っている方
 ・どんな添加剤が着色に影響するのか知りたい方

必要な予備知識

 ・UV硬化材料・光源の選び方のポイント
 ・硬化阻害対策と実際の効果
 ・着色低減手法と実際の効果

趣 旨

 UV硬化樹脂は、UV照射によりごく短時間でインキ、コーティング、接着剤等の各種用途に適した硬化物を得ることができ汎用性が高い材料である。一方、汎用性が高い材料であるがゆえに、理想的な硬化条件から外れた使われ方をすることも多く、実際の製造プロセスにおいて、さまざまな要因により所望の性能が得られないケースがある。本講演では、UV硬化樹脂の分類、代表的なトラブル事例とその対策について述べる。

プログラム

1.UV硬化樹脂の種類と特徴
  1-1 はじめに
  1-2 ラジカル重合用モノマー・オリゴマー
  1-3 カチオン重合用モノマー
  1-4 ラジカル重合用開始剤
  1-5 カチオン重合用開始剤
  1-6 硬化用光源

2.トラブル事例と対策
  2-1 硬化不良
   2-1-1 表面硬化性を向上させるためには
   2-1-2 内部硬化性を向上させるためには
   2-1-3 表面硬化性と内部硬化性の両立
   2-1-4 光源の種類と硬化性
   2-1-5 カチオン重合の硬化不良対策
  2-2 着色や濁り
   2-2-1 着色や濁りの原因
   2-2-2 モノマー・オリゴマーの影響
   2-2-3 光開始剤による影響
   2-2-4 重合禁止剤・酸化防止剤による影響
   2-2-5 その他の添加剤の影響
   2-2-6 UV光源・硬化プロセス・使用条件の影響