化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~FMCW方式の屋内人物位置推定を例に,屋内マルチパス除去, 人物の行動追跡 を解説~

トリケップスセミナー

     開催日時:2016年11月11日(火)13:00~16:30
     会  場:オームビル  → 会場へのアクセス 
          〒101-8460 東京都千代田区神田錦町3-1
     参 加 費:お1人様受講の場合 43,000円 (税別/1名)
          1口(1社3名まで受講可能)でお申し込みの場合 57,000円 (税別/1口)

講 師

山田寛喜 氏   新潟大学 工学部 情報工学科 教授

セミナーの概要

  本セミナーでは, MIMOレーダの基本原理,その屋内人物位置推定への応用例を解説します.MIMOレーダでは,複数の送信アンテナを用いて方向推定性能を改善します.従って,比較的少ない素子数で二次元位置推定性能を改善するために効果的な手法といえます.  このセミナー前半では,その距離および到来方向推定の原理からMIMOレーダの基礎までを解説します.また後半ではFMCW方式の屋内人物位置推定を例に挙げ,屋内マルチパス除去,人物の行動追跡などの応用について概説します.

講義項目

 1.距離,到来方向および動き(ドップラ周波数)推定の基礎
   1.1 屋内位置推定の現状
   1.2 距離推定の基本原理
   1.3 到来方向推定の基本原理
   1.4 ドップラ周波数推定の基本原理
   1.5 様々な推定手法(FFT, Capon, MUSIC, etc.)

 2.MIMOレーダ
   2.1 MIMOレーダの基本原理
   2.2 MIMOレーダと仮想アレー
   2.3 その他の仮想アレー手法

 3.屋内マルチパス環境における人物推定の検出
   3.1 人の動きとドップラ周波数
   3.2 マイクロ・ドップラを利用した屋内マルチパス波の除去
   3.3 屋内人物位置推定の実例

 4.屋内人物の行動追跡の実際
   4.1 仮想アレーを用いた角度分解能改善
   4.2 屋内人物の行動追跡実験結果
   4.3 広帯域レーダによるレンジ・ドップラシグネチャ

 5.まとめ