化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

コンサルタントによる技術戦略・技術ロードマップ策定経験をベースとした実践的な考え方や手法を紹介!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年7月29日(金)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

㈱日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター センター長 シニア・コンサルタント 近藤 晋 氏

定 員

 30名

受講対象・レベル

 技術戦略部門、経営戦略部門の技術戦略策定活動の推進者及びマネジャー

習得できる知識

 本セミナーでは 
 ・効果的なコア技術や技術プラットフォームの設定方法
 ・効果的な社外技術探索の考え方 
 ・技術を起点にした価値提案創出の考え方 
などの方法論を習得しながら、これらを統合して自社の技術戦略やその実行計画となる技術ロードマップを策定する方法を体得していただきます

趣 旨

 我が国の製造業においては、その技術力が競争優位の最大の源泉と期待されています。一方で自社の技術を有効に活用し、会社の競争力を高めることに成功している企業は一握りと言えるでしょう。このような状況の中で、多くの企業では技術を活用した自社の成長に向けて以下のような悩みを抱えているのではないでしょうか。
 ・企業成長につながる自社のコア技術が明確に出来ていない
 ・企業成長のために社外の技術を積極的に取り入れたいが効果的な取組み方がわからない
 ・技術を起点にした価値提案を行いたいが上手くいかない
 ・中長期的にコア技術を育てたいが、中長期的な計画が効果的に描けない
 本セミナーでは上記のような課題に対して日本能率協会コンサルティングの実践経験を基に課題解決の考え方をご紹介します。

プログラム

1.経営戦略と技術戦略
  1-1 経営戦略の基礎
  1-2 経営戦略と技術戦略の位置付け

2.技術戦略の概要
  2-1 技術戦略の基礎
  2-2 コア技術と技術プラットフォーム
  2-3 技術の内部蓄積と外部利用の方針決定
  2-4 技術ロードマップの基礎

3.技術を活用した価値創造
  3-1 新商品・新事業創造の2つの方向性
  3-2 技術を核にした価値創造
  3-3 市場研究による価値創造

4.技術戦略と技術ロードマップの構築
  4-1 価値創造提案から技術開発テーマへの展開
  4-2 技術開発テーマの重要度評価
  4-3 技術ロードマップの構築
  4-4 技術戦略構想マップの構築