化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

計算技術よりも,データの取り方・考えかたをわかりやすく解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年7月26日(火)10:00~17:00
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

FIA(エフ・アイ・エー)代表 福山紅陽 氏 元 協和界面化学

定 員

 30名

受講対象・レベル

 ・製造業での実験や測定にこれから携わるかた。
 ・実験や測定にすでに携わっているが,実験方法やデータ解析に自信のもてないかた。

趣 旨

 製造業での研究開発,生産,品質管理,出荷後顧客対応などの各工程においては,様々な問題が発生し,これらの問題を解決するために,実験・解析を行うことになります。本講では,どのような心構えで実験に取り組めばよいか,どのような考え方で実験結果を解析・解釈すればよいか,初心者がなかなか気づかないポイントについて解説します。

プログラム

1.母集団と標本
  1-1 母集団と標本の違い
  1-2 知りたいことと実際にわかることの違い
  1-3 生データの分布と平均の分布の違い
  1-4 繰返し性と再現性の違い
  1-5 ばらつきとかたよりの違い
  1-6 分散,標準偏差の意味
  1-7 測定を繰り返せばばらつきは減るか?
  1-8 測定機器を校正すればばらつきは減るか?
  1-9 分散,標準偏差はいつもn-1で割るとは限らない

2.実験の3原則
  2-1 実験の反復
  2-2 実験の局所管理
  2-3 実験の無作為化(ランダム化)
  2-4 ばらつくデータは悪か?
  2-5 測定回数を決めるポイント
  2-6 表示桁数を決めるポイント
  2-7 どの解析手法を選択すればよいか?

3.統計的検定・推定の原理
  3-1 検定,推定とは?
  3-2 第1種の誤り(生産者危険)と第2種の誤り(消費者危険)
  3-3 母平均の検定: 製品を出荷してよいか?
  3-4 母平均の推定: 「平均」の値はどのくらい信頼できるか?
  3-5 信頼区間の意味
  3-6 正規分布でないものの母平均を推定するとどうなるか?
  3-7 母平均の差の推定,母分散の推定,母分散の比の推定のポイント

【質疑応答・名刺交換】