化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~貼付剤、経皮吸収型製剤の処方設計のポイント~
製剤の放出試験の装置/条件設定の留意事項は?

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年7月26日(火)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

城西大学 薬学部 教授 薬学博士 関 俊暢 氏

 <ご専門>物理薬剤学、DDS
 <ご所属学会>日本薬剤学会(評議員)

定 員

 30名

趣 旨

 外用剤や経皮吸収型製剤の適用部位としての皮膚について、その特徴について解説し、基礎的な実験法を紹介する。また、貼付剤、経皮吸収型製剤の処方設計について基本的事項を説明する。

プログラム

 
 1.外用剤や経皮吸収型製剤の適用部位としての皮膚
   ・皮膚の生理的機能と薬物の適用部位としての特徴
   ・経皮吸収型製剤の利点と欠点
   ・経皮吸収型製剤に適した薬物
   ・経皮吸収実験法
   ・経皮吸収実験のデータ解析
   ・In vitro 実験からのin vivo経皮吸収性の予測
   ・薬物の皮膚内動態の研究法

 2.経皮吸収型製剤の処方設計
   ・皮膚に適用する製剤
   ・経皮吸収型製剤に用いる材料
   ・貼付剤の処方設計
   ・製剤の処方設定と薬物利用率
   ・製剤の粘着特性の調整

 3.製剤の放出試験法
   ・放出試験の装置
   ・放出試験の目的
   ・放出試験の条件設定
   ・パップ剤の放出試験の問題点
   ・皮膚代替人工膜の設計と利用