化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

本年2月、大阪開催で高い評価をいただいたセミナー。時間を30分増やし、内容を更に充実!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年7月22日(金)10:00~16:30
       会  場:江東区産業会館 第1会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

スペクトラ・フォーラム 代表 高山 森 氏

定 員

 30名

習得できる知識

 講義およびその日から活用できる資料(実践ガイド)により次の知識が習得できる。
  ・構造の違いがスペクトルのどこに反映されるか
  ・未知のスペクトルを定性する実践的なやり方
 内容は豊富であるが、高度な理論は無関係で技術的難度は中程度以下。
 2年以上の分析経験があり、スペクトルを読む力を身に着けたいという問題意識がある方に最適。
 ただし、経験が浅い方でも、スペクトルの解釈に関しては基礎から説明すること、および、配布資料の記述は詳細で自習可能なことから、受講の意義あり。

趣 旨

 赤外法はポリマーや添加剤の定性分析で最も多用されているが、企業の分析担当者からは次の声を聞くことが少なくない。
 「コンピュータ検索では十分ではないため自分でもスペクトルを読めるようになりたいが、教科書はなく学ぶ機会もない」
 このような要望に応えるべく企画されたセミナーで、対象は「プラスチックとエラストマー」および「プラスチック用添加剤」に特化し、技術内容は「赤外スペクトルの読み方」に特化している。
 一般論ではなく、講師がデータ集刊行のため実測したスペクトル(ポリマー530種類、添加剤630種類)を基に得た具体的な知見および指針を提供する。
 ・構造の違いがスペクトルのどこに反映されるか
 ・未知のスペクトルを定性するための実践ガイド

プログラム

Part 1 共通基礎
 1.赤外分光法の基礎:原理および基準振動という概念
 2.主要なグループ振動
 3.グループ振動のシフト:分子内の構造要因&分子間相互作用
 4.波数領域分割の勧め
 5.未知スペクトルの定性の要領:一般論
 6.スペクトルの定性法指針:従来法(Decision Tree法)および高山式

Part 2 赤外スペクトルによるポリマーの定性:基礎編
 1.主要ポリマーの赤外スペクトル:ピークの帰属および特徴、パターン化

Part 3 赤外スペクトルによるポリマーの定性:実践編
 (この位置に、こういうピークがあればこのポリマーである ということを纏めた、そのまま利用できる独自の実践ガイド)

Part 4 赤外スペクトルによるプラスチック用添加剤の定性:基礎編
 1.主要添加剤の赤外スペクトル:ピークの帰属および特徴、パターン化

Part 5 赤外スペクトルによる添加剤の定性:実践編
 (この位置に、こういうピークがあればこの添加剤である ということを纏めた、そのまま利用できる独自の実践ガイド。
 講師が制作した「プラスチック用添加剤の赤外スペクトル&化合物ガイド」との併用が効果的)

Part 6 補足
 1.混合物のスペクトルの解析法
 2.ラマン分光法の応用:基礎原理、および、ポリマーの識別への効果的な利用法